アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【随時更新】少額で始める手動リピート注文と運用実績を公開。通貨ペアとポイントを徹底解説(現在月千円以上の利益発生)

f:id:peppersack:20181130055722j:plain

※2019/03/09更新

こんにちは、アロイです。

1通貨から取引できるSBIFXトレード を使って大量にIFD注文をする「手動リピート注文」で半分放ったらかしトレードをしています。

1万円もあればはじめられる少額運用です。

私は原資25,000円程度の少額運用ですが、現在月1,000円以上の利益が発生しています。

リピート注文で特に有名なのは自動売買の「トラリピ」です。

トラリピは、うまく設定すると安定的に収益を生み出せるシステムなのですが、まとまった資金(30万円~)が必要で、少額投資には向いていないのが難点。

そこで、「少額で取引できるFX業者で手動でトラリピすればいいじゃん」と閃いたので、

1通貨から取引できるSBIFXトレード を使って自分で繰り返し注文をする「手動リピート注文」を現在運用しています。

注文方法次第では低リスクな取引ができるので、少額取引にはオススメです。

私の運用実績や通貨ペア、設定方法や注文のポイントを詳しく解説しているので、これから手動リピート注文やってみようかな?という人の参考になれば幸いです。

▽スポンサードリンク

 

FXの売買利益が効率よく得られるリピート注文

リピート注文って何?って方には以下の動画が参考になります。

自動売買で人気の「トラリピ」を解説した動画ですが、手動リピート注文はこの繰り返しの注文を「手動」でやっていく形になります。

簡単にいうと、買い→売り(売り→買いもある)の注文をトラップとしていくつも仕込んでおき、それを自動的に繰り返すことで効率的に収益を得られるようにする仕組みです。

手動リピート注文実績の推移

2018年12月から運用している手動リピート注文の運用実績推移がこちらです。

f:id:peppersack:20190309103917p:plain

2019/2時点の実現損益(累計):2,529円

手動リピート注文は常に含み損を抱えているため、実現損益に比べ評価損益がマイナスになるのが一般的です。

見ての通り運用実績としては右肩上がりで、順調そのものです♪

当初は10,000円を入金して開始しましたが、余裕が出てきてから少しずつ入金を続け、現在は合計25,000円を入金しています。

通貨ペア別の収益推移

通貨ペア別の収益推移はこちらです。

f:id:peppersack:20190309103959p:plain

ちなみに、2019年1月が多くなっているのは1/3のフラッシュ・クラッシュの影響ですね。非常に乱高下したので大きく儲かりました。

各通貨別の詳細は以下です。

豪ドル/円(AUD/JPY)

f:id:peppersack:20190309104038p:plain

カナダドル/円(CAD/JPY)→新規注文停止中

f:id:peppersack:20190309104131p:plain

NZドル/米ドル(NZD/USD)

f:id:peppersack:20190309104155p:plain

ユーロ/円(EUR/JPY)

f:id:peppersack:20190309104220p:plain

ポンド/円(GBP/JPY)

f:id:peppersack:20190309104250p:plain

私の注文設定はこちら

現在私は4つの通貨ペアを運用しており、その設定内容を以下にまとめます。

通貨ペア 売買 レンジ 注文通貨数 注文間隔 決済幅
AUD/JPY 72-84 50~90 0.25円 0.5円
NZD/USD 0.66-0.70 45~100 0.002ドル 0.004ドル
EUR/JPY 119.5-128.5 45~80 0.25円 0.5円
GBP/JPY 135-150 10~15 0.5円 1円
  • レンジ:現在注文を入れている範囲
  • 注文通貨数:1回の注文で売買する通貨数
  • 注文間隔:注文をする間隔。例えばAUD/JPYでは0.25円なので75円、75.25円、75.5円・・・と0.25円間隔で注文を入れていく。
  • 決済幅:反対売買(決済)をする金額の幅。例えばAUD/JPYでは0.5円なので、75円で買注文を入れた場合、75.5円で決済の注文を同時に入れる。

注文通貨数については、入金金額が増えるにしたがって少しずつ増やしていっています。

例えばAUD/JPYは当初は20通貨で売買していましたが、現在は増えていますね。

実際の注文画面はこんな感じです。

f:id:peppersack:20190224232313p:plain

私の設定のこだわりポイント

オセアニア系とヨーロッパ系通貨の買と売を両方持つ

f:id:peppersack:20190225225142j:plain

私は値動きがあるオセアニア系通貨(AUD,NZD)とヨーロッパ系通貨(EUR,GBP)を軸に、買と売の両ポジションを持つようにしています。

具体的には、以下の通貨ペアです。

通貨ペア 売買
AUD/JPY
NZD/USD
EUR/JPY
GBP/JPY

二つの地域で、かつ、できるだけ異なる通貨を運用することで値動きを分散させるようにしています

こうすることで、次にあげるようなメリットが発生します。

  • スワップポイントが常にプラスになる通貨ペアで運用できる
  • 値動きが緩やかになり、大損しにくい
  • 相場がどう動いても儲かる通貨ペアがある

スワップポイントが常にプラスになるポジションを持つ

f:id:peppersack:20190225225949j:plain

相場が動くとどうしても長期保有してしまう建玉が発生してしまいますが、

長期保有しても儲かるように、スワップポイントがプラスになるような通貨ペアを選んでいます。

具体的には、AUD/JPYペアの場合「売」でポジションを持つとスワップポイントがマイナスになってしまいます。そのため、ポジションは常に「買」で持ちます。

NZDはJPNとの通貨ペアだと「売」ポジションの場合スワップはマイナスですが、USDとの通貨ペアだと「売」ポジションだとスワップはプラスになります。

ユーロ圏は日本より低金利なので、EUR/JPYの「売」ポジションはスワップが若干プラスになります。

逆にイギリスは日本より高金利なので、GBP/JPYの「買」ポジションはスワップがプラスです。

このように、長期保有になってもできるだけプラスの損益になるように、スワップポイントがプラスになる通貨ペアとポジションを選択しています。

値動きをできるだけ緩やかにする(大損しにくくする)

例えば次のような通貨ペアを運用していたとします。

  • AUD/JPY「買」
  • NZD/JPY「買」
  • USD/JPY「買」

 そうすると、円高に振れるとあっという間に損益がマイナスに急降下します。

通貨ペアとポジションをシンプルにしすぎると、一方方向に急激な値動きが発生してしまうので、大損してしまうリスクがあります。

そのため、4つの通貨ペアを持ちながらも買と売を混ぜたり、

JPNだけでなくUSDのペアを入れたり、

地域の中でも通貨を分けたり(AUDだけでなく、AUDとNZDで運用する)

といったできるだけ複雑な通貨ペアにすることで

値動きを緩やかにすることができます

FXでは損失をいかに抑えるかというのが重要なポイントになるので、損失を抑える対策は必須です。

相場がどう動いても儲かる通貨ペアがある

複数の通貨ペア・ポジションに分散することで、「相場が動けばとりあえず儲かる」状態をつくることができます。

※絶対ではありませんが、可能性がかなり高まると感じています。

例えばリスクオンで円安にふれると、GBP/JPY「買」通貨ペアが儲かります。

リスクオフで円高にふれると、EUR/JPY「売」通貨ペアが儲かります。

オセアニア圏の経済指標が良くなるとAUD/JPY「買」が儲かります。

オセアニア圏の経済指標が悪くなるとNZD/USD「売」が儲かります。

他にもいろんな要素がありますが、複数通貨ペア・ポジションを持つことで、含み損を抱えながらも利益を積み上げていくことができます。

手動リピート注文の注意点

必ずロスカットを意識した少額運用にする

FXでは最大レバレッジ25倍までの取引ができますが、高いレバレッジで取引をしてしまうと、ロスカット(強制決済)されてしまうリスクが高くなります。

そのため、相場が急変して含み損が増えてもロスカットをせずに運用できる額で取引をする必要があります。

私の場合、原資25,000円程度の少額投資なので、現状では100通貨以下の単位の取引に制限しています。

他にも、1万円程度なら即追加入金できるように余剰資金も準備していますよ。

どうしても儲けることばかりに目が行きがちですが、手動リピート注文は含み損を常に抱える運用方法です。

ロスカットしないバランスを考えて少額で運用する姿勢が大事です。 

 

手動リピート注文の少額投資に利用するFX会社

FXというと大体1取引は少なくとも1,000通貨からとなっている会社がほとんどです。

1豪ドル=80円とすると、80,000円からですね。

そうなると、月数千円程度で投資をしたい人にとっては手が出しづらいのが現実です。

ただ、SBIFXトレードなら

  • 1通貨からの取引が可能

と、少額からでもFX投資ができるんです。

口座開設はWEBで簡単にできます。

FXの少額投資をやりたくなったら下記から始めてみてくださいね。

少額からFX取引をはじめるなら、1通貨から取引できるSBIFXトレード がオススメですよ。

SBIFXトレード

SBIFXトレードで口座開設をする