アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【初心者向け】少額投資完全マップ。100円~1万円台からできる方法を分かりやすく解説

f:id:peppersack:20181229235815j:plain

こんにちは、少額投資ブロガーのアロイです。

「投資をしたいけどお金がない。。」

と、投資を諦めていませんか?

確かに、投資というと数十万円~数百万円を投下して運用するのが一般的なのは事実です。

ただし、実は100円~1万円台ぐらいの少額でも、やり方次第で投資をする方法はたくさんあるんですよ。

また、「金額が少ないから対して増えない」と思われている少額投資も、すごいメリットがあります。

そこで、今回は少額投資をするメリットと、100円~1万円台でできる投資の方法を分かりやすく解説します。

▽スポンサードリンク

 

少額投資のメリット 

すぐにはじめられる

少額投資の最大のメリットはなんといってもすぐにはじめられること

「投資やろう!」って思っても、投資にはお金が不可欠ですよね。

でも貯蓄がなくて投資ができない。。。なんて諦めなくていいんです。

例えば、投資信託であればいまや100円から投資が可能ですし、FXでも1通貨単位の少額からトレードできる業者もあります。

缶ジュース一本代でも浮かせられれば、すぐに投資が始められるんですよ。

手持ちの資金で始められるのは、少額投資の最大のメリットです。 

損失を抑えられる

Twitterなどを見ていると、

「暴落で1000万損した!」

「FXで800万溶かした!」

といった損失の叫びがよく聞こえてきます。

しかし、少額投資であれば比較的損失を抑えることができます。

比較的、という表現をしたのは、「絶対損をしない」ということではありません。

少額の投資であれば、仮に10%評価額が下がっても、それほど大きな痛手にはならないんですよね。

また、少額投資の性質上、殆どの場合「一定金額ずつ積み立てる積立投資」という手法で投資をしていくことになりますが、

積立投資の場合、「ドルコスト平均法」といってリスクを分散させることができる有名な投資手法になるので、

仮に損失が出ても損失を分散させることができます。

また、損失が出ている間(株でいえば、安い期間)に積立てていけば、安く多くの資産を買うことができるので、価格が戻ったときの利益が大きくなるメリットもありますよ。

少額投資のデメリット

効果が出るまでに時間がかかる

ただ、少額投資にもデメリットはあります。

「利益が出るまでに時間がかかる」

これは投資額が小さい分どうしようもないのですが、少額投資の性質上、短期で大きな利益を出すことはほぼできません。

例えば1万円投資をして、5%の利益が出ても利益は500円です。

1年間の投資効果としてみると、5%の数字は立派なのですが、「500円」という結果だけ見ると、大した金額ではないように感じますよね。

1ヶ月で1000%以上の利益を出せれば大きな利益を出すことが可能かもしれませんが、あの投資の神様ウォーレン・バフェットでさえ年利20%ほどです。

そのため、少額投資の場合は「長期で積立投資をする」ことを前提に考えるようにしましょう。

長期で積立投資をすると結構バカにならない投資効果があります。

簡易的なシミュレーションですが、1日100円の投資を続けて平均年利4%で運用すると、50%増の110万円になるという試算結果が出ました。 

www.alloylog.info

たった100円の投資金額でも長く続ければ50%増ですから結構魅力的です。

まずは少額でもはじめてみて、長く続けることを前提に投資を続け、余裕ができれば投資金額を増やすという戦略がおすすめです。

実際に少額投資をする方法

少額投資をする方法ですが、意外と幅広くあります。

そこで、一つ一つどのような投資なのか紹介してきますね。

投資信託

最低投資金額:100円~

投資信託は、ファンドと呼ばれるプロの運用機関に任せて株や債券などの運用をする商品です。

なんといっても選ぶ手間、購入する手間がダントツで低く、サクッと購入してサクッと売却できる手軽さが魅力です。

また、ほとんどの投資信託は複数の商品を組み合わせているため、リスクを分散できます。株式のように「会社が倒産して価値がゼロになる」ということはほとんどありません。

最も手軽で簡単に100円から積立ができるので、投資をまずはじめるなら、投資信託からはじめるのがオススメです。

私も毎日100円積立をしていますよ。投資信託をはじめるならポイントでも積立ができる楽天証券がオススメです。

www.alloylog.info

債券

最低投資金額:10000円程度~ (投資信託なら100円~)

債券とは、債券の発行体(国や自治体など)から債券を購入し、お金を貸す見返りとして、一定期間ごとに利子をもらえ、満期になると元本が返ってくる仕組みです。

外国債券の場合為替リスクがありますが、先進国の債券の場合はほぼ元本保証に近い商品です。ローリスク商品の代表格ですね。

様々な債券がありますが、米(アメリカ)国債の場合は利回り2%を超えていて、楽天証券などのネット証券でも100ドル程度から購入可能です。

100ドルとなると1万円は超えてしまいますが、ゼロクーポン債と呼ばれる利子が無い代わりに割安で購入できる債券があり、少額投資ならこのゼロクーポン債がオススメです。

ただし、債券は満期まで保有していないと満額を受け取ることはできません。

そのため、「好きなときに売買したい」「もっと少額から取引したい」という場合は、債券中心の投資信託を購入するのがオススメです。

投資信託なら、100円から購入できますよ。

FX

FXというと「ロスカット」や「追証」といった結構怖いワードが並ぶイメージがありますが、しっかりリスク管理すればローリスクに運用することもできますし、資産を増やす立派な投資対象になります。

今回は、少額からできる「積立FX」と「手動リピート注文」という方法を紹介します。

積立FX

最低投資金額:4円程度~(実際は100円以上を推奨します)

「積立FX」自体はSBIFXトレードの商品名なのですが、仕組みとしては外貨の積立です。

毎日・毎月などの一定期間ごとに外貨を購入し、長期に渡って積み立てる方法です。

値上がりすれば売却益も狙えるのですが、それ以上に魅力的なのが「スワップポイント

」という通貨間の金利差から発生する毎日の収入です。

例えば、トルコリラを10000通貨保有していると1日100円程度のスワップポイントによる収入が発生します。

1日100円発生するとすると、通貨を持っているだけで1年間で36500円の不労所得になるわけですね。そう考えると結構大きなメリットです。

最初は大した収入にはなりませんが、長期で積立をすることで不労所得化が期待できますよ。

詳しくは以下記事で解説しています。

www.alloylog.info

 

手動リピート注文

最低投資金額:10000円~程度

簡単にいうと、買い→売り(売り→買いもある)の注文をトラップとしていくつも仕込んでおき、それを自動的に繰り返すことで効率的に収益を得られるようにする仕組みです。

スワップポイントは配当に近い収益なので「インカムゲイン」にあたります。

一方、手動リピート注文は売買による収益が目的なので「キャピタルゲイン」です。

同じFX投資でも、性格が全然違うんですよね。

ところで、この方法は「トラリピ」や「ループイフダン」といった商品名で自動売買の仕組みとして各社から商品化されています。

実際はこれらの自動売買の商品を使うのがラクなのですが、難点として、多くの業者で「少なくとも1000通貨単位の取引」となっているため、元本が結構必要になります。(大体30万円以上は見ておく必要があります)

しかし、少額から取引するなら、1通貨から取引できるSBIFXトレード を使えば少額でもキャピタルゲインを狙った取引が可能です、

ただしSBIFXトレードには自動売買の仕組みはありません。

そこで、自分で設定を行うIFD注文を行えば、少し手間はかかりますが、1万円程度の低予算でも始められます。

具体的にはIFD注文をいくつも仕込んでおき、決済されたらまた同じIFD注文を仕込む。。。というのを繰り返すやり方です。

10~20通貨単位で1~2通貨ペアであれば、10000円ぐらいからでもはじめることができますよ。

再注文などでちょっと手間がかかりますが、ゲーム間隔で楽しい投資方法です。

www.alloylog.info