アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

積立FX(SBIFXトレード)のスプレッドは高いのか?外貨預金・通常のFXとの比較と考察

f:id:peppersack:20181103220512j:plain

こんにちは、アロイです。

少額から自動でFXの積立ができるSBIFXトレードの「積立FX」でコツコツ積立をしています。

www.alloylog.info

積立FXはとても便利で重宝しているのですが、

一つ感じたデメリットがあり

「スプレッドが若干高いかな?」という点です。

そこで、外貨預金や通常のFXと比べて積立FXのスプレッドは高いのか?

実際に比較して検証してみました。

また、比較を踏まえて通常のFXと積立FXのどちらを選択するべきなのかも考察していいますので、参考にしてみてください。

▽スポンサードリンク

 

積立FX・外貨預金・通常のFXを比較

「積立FX」はSBIFXトレードの商品であるため、同じSBI関連会社で揃えて比較しました。

以下の商品で比較しています。

スプレッド一覧(2018/11)

通貨 外貨預金 積立FX 通常の FX
米ドル 8銭 5銭 0.27銭
英ポンド 56銭 30銭 0.89銭
豪ドル 50銭 20銭 0.59銭
NZドル 50銭 30銭 0.99銭
人民元 - 10銭 2.58銭
南アランド 28銭 5銭 0.99銭
トルコリラ - 40銭 4.8銭
カナダドル 50銭 30銭 1.69銭
香港ドル - 5銭 1.99銭

こうして比較してみると、スプレッドの大きさとしては

外貨預金 > 積立FX >> 通常のFX

となっていて

外貨預金がダントツで高く、通常のFXが逆に群を抜いて低いことが分かります。

積立FXは中間ぐらいですね。

つまり、積立FXのスプレッドは

「外貨預金よりは安いが、通常のFXよりは高い」

という位置づけになります。

 

外貨預金は今回の結果から「スプレッドが高い」という点もありましたが、

FXと違ってレバレッジをかけられないという大きなデメリットもあるので、

選択肢としては厳しいかなと考えています。

そこで、FXで積立を行う場合、積立FXと通常のFXのどちらを選択するべきなのか考えていきましょう。

毎日注文作業ができるなら通常のFXの方がオトク

先程の結果からもわかるとおり、通常のFXの方がダントツでスプレッドが低いです。

例えば米ドルの場合、積立FXは5銭ですが、通常のFXは0.27銭。

その差は約19倍です。コストメリットが圧倒的ですね。

そのため、毎回決まったタイミングで「自分で注文作業ができるなら」通常のFXの方が断然オトクです。

自動で注文ができないため忙しいと注文するタイミングを逃す可能性がある点がデメリットですが、しっかり時間が取れるのであればそのデメリットもカバーできるでしょう。

自動注文しなくても自分で注文ができる場合は通常のFXの方を選択するほうがオススメです。

SBIFXトレード

SBIFXトレードで通常のFXをはじめる

放ったらかし投資なら定期的に自動購入できる積立FXがオススメ

逆に「自動で積立購入できる方がいい」という場合は断然積立FXのほうがオススメです。

スプレッドは通常のFXに比べて高めですが、外貨預金に比べると低いですし、必要なコストと割り切れば問題はないでしょう。

なんといっても、設定すればあとは放置で買ってくれる手軽さ・利便性は他にはないメリットです。

私も平日は仕事や家庭でなかなか取引の時間が取れないため、積立FXを利用しています。

SBIFXトレードの「積立FX」なら、1通貨単位から日・週・月毎に積立ができるので、まとまったお金がなくても投資を始めることができます。

少額から購入できるのも大きなメリットですが、自動で積立購入することでドルコスト平均法による「リスクを抑える効果」も期待できますよ。

また、レバレッジも最大3倍までとなっているので、低リスクな範囲内で投資をすることができます。

少額の積立投資を始めるなら、積立FXがオススメです♪

積立FXの口座開設はWEBで簡単にできます。

FXの少額投資をやりたくなったら下記から始めてみてくださいね。

積立FX

SBIFXトレードで「積立FX」をはじめる