アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

三井住友銀行の住宅ローンで繰り上げ返済すると年末残高証明書は再発行されるのか?確認してみた

f:id:peppersack:20181017050109j:plain

こんにちは、アロイです。

住宅ローンを払っている人は一定期間住宅ローン控除が受けられるため、年末調整や確定申告で年末残高証明書を出して住宅ローン控除を受ける人は多いと思います。

しかし、1点注意しておかないといけないことが。

それは、年末に繰り上げ返済をしたケースです。

年末に繰り上げ返済をした場合、10~11月頃に郵送される年末残高証明書では住宅ローン控除の申請はできず、最新の証明書を使用する必要があります。

しかし、再発行を申請するとなると面倒ですよね。

そこで、三井住友銀行の住宅ローンで繰り上げ返済をすると年末残高証明書は自動的に再発行されるのか、確認してみました。

▽スポンサードリンク

 

年末(10~12月頃)に繰り上げ返済すると最新の年末残高証明書を使う必要がある

年末残高証明書は9月~10月頃の残高を元に作成されるため、年末に繰り上げ返済をした場合は実際の年末のローン残高と金額が変わってしまいます

そのため、最初に銀行から送付された年末残高証明書は住宅ローン控除の申請に使用することができません。

繰り上げ返済をして年末のローン残高が変わってしまった場合は、必ず最新の残高が記載されている証明書を使用する必要があります。

ただ、もしそんな状況になってしまったら自分で再発行の申請の手続きをする必要はあるのでしょうか?

繰り上げ返済後、自動的に再発行・再送付されるそうです

そこで、実際に三井住友銀行に再発行手続きが必要なのか問い合わせてみました。

すると、回答としては「自動的に再発行される」とのことでした。

繰り上げ返済で年末残高が変わってしまった場合は、再度銀行から最新の年末残高証明書が送付されるそうです。

そのため、再送付された証明書を申告に使用すればOKです。

自分から特に再発行などの手続きをする必要はない、とのことでした。

ただ、気をつけておかなければならない点が1点あります。

それは「繰り上げ返済をするたびに年末残高証明書は再発行される」という点です。

つまり、10月に1回、11月に1回、12月に1回と毎月繰り上げ返済をした場合は3回も年末残高証明書が再発行されるのです。

何度も繰り上げ返済をする場合はどれが最新の残高証明書なのか気をつけてみるようにしておきましょう。

繰り上げ返済予定がある場合は確定申告で住宅ローン控除の申告をしたほうが安心

会社員の場合、年末調整と確定申告で2回住宅ローン控除が申告できる機会があります。

もし年末に繰り上げ返済をしてしまった場合、年末調整で最初の年末残高証明書で申告をしていると、確定申告でも再度最新の証明書で申告をしなければならないため、手続きが面倒になります。

そのため、年末に繰り上げ返済の予定がある場合は年末調整での申告はせず、確定申告で住宅ローン控除の申告をしておいた方が安心ですよ。