アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

貯金がないけどつみたてNISAで100円積立を始めます

f:id:peppersack:20180821232127j:plain

こんにちは、貯金がないのに投資をしているアロイです。

これまで、少額から投資ができる投資信託で積立を順次はじめています。

関連記事①:楽天証券で毎日100円投資信託積立投資の設定をしたらメリットが凄く良かった - アロイログ

関連記事②:【少額投資】三井住友アセットマネジメント投信直販で毎月1000円の積立投資設定をしたよ - アロイログ

これだけでも続けて積み立てていけば良い感じの投資額にはなるのですが、2018年からスタートした「つみたてNISA」という積立型の少額投資非課税制度がメリットばかりだったので、早速積み立てていくことにしました。

もちろん、ガツンと投資をする余裕はないため、100円からの積み立てです。

楽天証券でつみたてNISAの口座開設をする

早速楽天証券でつみたてNISAの申し込み完了!

f:id:peppersack:20180821231933p:plain

なにはともあれ、楽天証券で早速つみたてNISAの申し込みをしました。

楽天証券の口座を持っている人は、楽天証券の画面から追加でつみたてNISAの口座を申し込みをすれば手続きができます。

楽天証券の口座を持っていない人は、楽天証券の口座を開設してつみたてNISAの口座を申し込むことで手続きが可能です。

従来のNISAとの併用はできないので注意しておきましょう。

私はすでに楽天証券の口座を持っていたので、WEB上で申し込みができました。

楽天証券でつみたてNISAの口座開設をする

投資をするファンドはS&P500連動型ファンド

つみたてNISAでの投資先について検討しました。

私の現在の投資先は主に以下のようになっています。

内容 金額(月額) 投資先ファンド
楽天証券の毎日100円積み立て(NISAではない通常の特定口座) 2,800円 28ファンド(主にインデックスファンド)に分散
企業型確定拠出年金(会社で入っているもの) 5,000円 5ファンドに分散、メインは以下2ファンド ・TOPIX連動型インデックスファンド ・MSCIコクサイ・インデックス連動型ファンド
SMAM投信直販 1,000円 ・MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス連動型ファンド

わりとポートフォリオとしては分散できているのですが、つみたてNISAの投資先は、ずっと気になっていた米国の株式指数S&P500連動型ファンドの下記にしました。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXISシリーズは三菱UFJ国際投信が運営しているファンドで、手数料の安さが大きな魅力です。

その中でも、米国株式指数として過去数十年ひたすら右上がりに成長している「S&P500」に連動したものとして、このファンドを選択しました。

日経平均はアベノミクスの成果もありここ数年は右肩上がりですが、実はバブル期ピークの指数38,915円を未だに超えられていません。

つまり、株価指数だけでみると30年近く経った今でもマイナスなわけです。

しかし、S&P500に関しては短期的な変動はあるものの、長期的な目線でみると必ず右肩上がりに上昇しています。(為替リスクはありますが)

これはビジネスのイノベーションが起こりにくい日本と、グローバルな企業が誕生しやすいアメリカとの差もあるのかもしれません。

いずれにせよ、アメリカ経済に投資をすることは過去数十年の右肩上がりの実績から、資産運用の選択肢としてかなり有望株だと私は見ています。

また、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は手数料も信託報酬が0.1728%とトップレベルの安さです。

つみたてNISAは放ったらかしでの長期投資を前提に考えているので、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は私の目的にピッタリなファンドです。

また、つみたてNISAは長期投資で考えた場合のメリットがものすごいんです。やらないと損なレベルです。

メリット:利益が20年間非課税になる!

つみたてNISAのめっちゃくちゃ大きなメリットが利益20年間非課税というポイント!

通常、株や投資信託で利益が出た場合は利益の20%の税金を納める必要があります。

つまり、100万円の利益が出た場合は20万円が税金として持って行かれるわけですね。

結構痛い仕組みです。。

しかし、つみたてNISAは20年以内に売却した場合非課税になります

100万円の利益が出た場合は、100万円がそのまま利益となり、税金はゼロです。

せっかく運用するならしっかり利益は残しておきたいですよね。

20年の長期に渡って非課税というのはかなりオトクです。

メリット:低コストで安定している投信商品が厳選されている

つみたてNISA対象のファンドは低コストで長期投資に向いている商品のみになるように規定があり、したがってラインナップも必然的に厳選されています。

そのため、通常の投資信託ファンドを選ぶのと比べると、複雑なファンドやハイリスクなファンドが少なく、投資初心者でも比較的選びやすくなっています。

厳しい基準をもとに厳選されているファンドと考えると、選ぶ際の安心感が違いますね。

メリット:毎日100円から積立投資できる

証券会社によっても異なりますが、楽天証券は通常の投信積立とおなじように 100円から積立投資が可能です。

私のように貯金がないのに投資をしたい人にとっては嬉しいメリットです

100円から積立投資できるので、投資をするハードルがグッと下がります。

また、2018年9月末から楽天ポイントでもつみたてNISAでの積立投資ができるようになりました。

毎月楽天ポイントが一定額貯まる人の場合、一切出費せずに楽天ポイントだけで投資をする、、ということも可能になるわけですね。

私は楽天カード をメインのクレジットカードにしているので、電気代や保険、ガソリンや携帯代など大きな引き落としが楽天カードに集中しています。そのため、毎月500ポイント前後は貯まっているのでつみたてNISAの積立に使えそうです♪

楽天カードを申し込む

 

私は一旦申し込みまで完了したので、口座開設が完了するのを楽しみに待ちわびています。

まとめるとつみたてNISAは

  • 運用益が20年間非課税でオトク
  • ファンドが長期投資に向いているものに厳選されている
  • 100円から積立が可能でハードルが低い(楽天証券の場合)

とメリットが大きいので、長期運用で投資信託をする場合はおすすめの選択肢ですよ。

楽天証券でつみたてNISAの口座開設をする