アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

「貯金がないけど資産運用がしたい」人にオススメ。お金を育てる最強の少額投資法

f:id:peppersack:20180820000132j:plain

こんにちは、アロイです。

「今後のために少しずつでも投資をして資産運用したいけど貯金がない」

「資産運用したいけど貯金ができない」

貯金がないときに先のことを考えると不安になりますよね。

私も結婚や子育てに忙しく、給料もなかなか上がらなかったので貯金はあまりできていませんでした。

「貯金もできないのに将来のために資産運用なんてできない」

なんて諦めかけた時期もありました。

しかし、最近貯金がなくても家計にもほとんど負担をかけずに投資をする方法を見つけ、実際に投資を続けています。実際にやってみると長く続けられることに気がつきました。

そこで、私が実際に取り組んでいる「貯金ができない人でも続けられる投資法」をご紹介します。

オススメは毎日たった100円購入の投資信託で資産運用

やることは 投資信託を毎日100円ずつ購入する こと。

たったこれだけです。

「え?それだけ?資産運用って最低でも数万円~数十万円いるんじゃないの?」

と思うかもしれませんね。

でも、毎日100円でも立派な資産運用ですし、長期的にみるとメリットもたくさんあります。

毎日100円投資信託を購入するメリットをこれから説明しますね。

貯金をしなくても1日100円なら準備できる

まずは「貯金ができない」体質の人にとって資産運用のハードルがグッと下がるポイントがこれです。

貯金ができなくても、毎日食べ物を買ったり日用品を買ったり、光熱費を払ったりと、なにかと支払いをしていますよね。

それを、毎日100円だけ資産運用に回すことを考えてみましょう。たった100円です。ジュース1缶程度の値段です。そう考えるとグッとハードルが下がりませんか?

幸いなことに、2017年ごろから楽天証券を皮切りに100円以上から投資信託が購入できる証券会社が増えてきています。

毎日100円ずつ投資信託を口座から自動引落で購入する設定にしておけば、勝手に毎日口座から100円引き落とされるので、毎日購入の手続きをする面倒なことをする必要もありません。

実際に私も貯金ができない体質の人間で貯金はほぼゼロですが、毎日100円の投資信託の購入をはじめてみたところ、意外なことに続いています。

自動引落にすれば使いすぎないように気をつけますし、かといって毎日100円(月3000円)程度なので家計を圧迫する金額でもないので特にストレスも感じていません。

 ↓関連記事です。

www.alloylog.info

ポイントは「月3000円引き落とし」ではなく、「毎日100円引き落とし」と、1回あたりを少額にしていることです。

トータルにすると同じことですが、一気に引き落とされるのと比べて少しずつ引き落とされるのでは心理的な負担は大違いです。かなり気がラクですよ。

貯金ができない体質の人にこそ、毎日100円投資はオススメしたいポイントです。

証券会社はいくつかありますが、100円投資をするならメリットが大きい楽天証券がオススメです。楽天で買い物をしている人にはポイント面でのメリットもありますよ。

楽天証券へ今すぐ口座開設

株式投資やFX投資に比べて、放ったらかし運用ができる投資信託 

資産運用というと、株を買ったりFXでハイリターン!と想像するかもしれませんが、私は投資信託、特にインデックスタイプのファンドをおすすめします。

株式投資やFX投資は成功すればハイリターンが期待できますが、その分ハイリスクです。特に投資初心者の場合はビギナーズラックの神が降りてこない限り、損失を被る可能性が高いでしょう。

株やFXは資産運用の選択肢としてはアリなのですが、しっかり勉強もしておく必要があります。

それに比べると、投資信託は基本的にプロのファンドが運用しているので、任せっぱなしでOKなんです。我々がやることは、どのファンドに投資をするか、を選ぶだけです。

どのファンドを選ぶのかがその先のポイントにはなるのですが、長い目で見るとインデックスファンドを選んでおくのが無難でしょう。

個人的には、日本か先進国の株式を指標にしたインデックスファンドを選んでおくのがおすすめです。

インデックスファンドの場合は手数料も安いですし、経済指標を軸にしているので長期投資に向いています。

アクティブファンドは手数料が高くなり、運用成果も経済指標を下回ることが珍しくないため、初心者の場合は長期投資目的ではあまりおすすめしません。

日本を除く先進国を対象にした「MSCIコクサイインデックス」は一定の運用成果も出ていて人気がありますよ。

毎日投資ならドルコスト平均法でリスク分散ができる

投資で気をつけたいポイントが「高値づかみ」です。

せっかく投資をしても、高値の水準で購入を繰り返しているとリターンが少なくなります。

そんなの当たり前じゃない?と思うかもしれませんが、人間の心理的に「上がっている局面で買いたくなる」感情が働いてしまうものなんです。

そして多くの人が飛びついたところで下がってしまう。。ということで、意外と高値掴みをして損をしてしまう人って多いんですよ。

だから、人間の感情の入る余地がない「毎日機械的に引き落としで投資」がいいんです。

毎日投資をするということは、定期的に投資をするということになり、これは「ドルコスト平均法」という理論でリスク分散ができることが理論的に証明されています。

もちろん価格が上がる局面で買うこともありますが、多くの人が購入するのを躊躇する下落局面でも機械的に購入します。

下落したところで購入するということは、考え方を変えると「割安で購入できる」ということなんですよね。

つまり、購入リスクを分散できて局面によっては大きくプラスになるような買い方もできるということなんです。

たかが100円程度、と侮るなかれ。「毎日投資」というのは究極のドルコスト平均法なのです。

ATM手数料が無料になるメリットも

毎日100円の投資信託購入で個人的におすすめなのが楽天証券ですが、楽天銀行と連携をすると、楽天銀行の手数料が複数回無料になるメリットもあります。

こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

www.alloylog.info

楽天銀行をメインバンクにしている場合は無視できないレベルのメリットです。場合によっては投資信託の運用に損失が出ても銀行の手数料面でプラスになります。

数十年単位で続けるとバカにならない金額の資産になる

少しシミュレーションをしてみましょう。

例えば、毎日100円→月3000円で年平均5%のリターンで運用し、20年間積み立てた場合はどうなるのか。

元本は720,000円ですが、なんと積立金額は1,233,101円にもなります。

大体71%の増ですね。長い目で見るとかなりのハイリターンになることが分かると思います。

全然貯金ができなかったことを考えると、120万円あまりのお金が手に入ると思うと凄いことですよね。

もし毎日200円積み立てたらどうなるのか、

元本1,440,000円に対して、積立金額は2,466,202円です。

たった100円200円といっても、数十年単位でみるとものすごい金額に膨れ上がることがよく分かりますね。(※もちろん、成果はファンドの運用によって異なります。)

貯金の場合はこのゼロ金利時代ほとんど資産が増えることはありませんが、投資の場合はしっかりお金が育って増える可能性があることを覚えておきましょう。

余裕があれば積立金額を増やしていこう

先程毎日100円の場合と200円の場合でシミュレーションをしましたが、100円増やすだけで期待リターンが大幅に変わるのがよく分かると思います。

そこで、余裕の少ない最初はまず毎日100円積立からスタートをして、余裕ができたら200円,300円にするなど積立金額を増やしていくことをおすすめします。

そうすることで、例え貯金がなくてもしっかり資産運用をしていくことが可能です。

 

100円程度なら始められそうかな。頑張れそうかな。と思ったらまずはとにかく始めてみましょう。

貯金ができない人でも、100円投資ならすぐに始めることができます。

投資は早く始めれば早く始めるほどお金をしっかり育てていくことができるので、興味があればすぐに始めてみることをおすすめします。

楽天証券へ今すぐ口座開設