アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

エアコンが壊れた車でも夏を涼しく過ごした4つの具体的な方法

f:id:peppersack:20180724231103j:plain

こんにちは、アロイです。

「車のエアコンが壊れた・・・でも修理するお金はないし、どうしよう。。」

猛暑の夏の運転には必須のエアコン。

しかし、コンプレッサーの不具合などで突然動かなくなることがあります。

私もコンプレッサーが故障し、猛暑真っ只中でエアコンが使えなくなることがありました。

今は修理して使えるようになりましたが、当時はお金もなく修理ができず、エアコンなしで猛暑の車内を乗り切るしか方法がありませんでした

ただ、何も対策をしないと夏の車内は灼熱地獄です。

そこで、なんとかひと夏を乗り切った、エアコンが使えない車内でもできるだけ涼しく過ごす方法をご紹介します。 

窓を全開で運転する

f:id:peppersack:20180724231029j:plain

夏の車内は、閉め切っておくと外より温度が高くなってしまいます。日中停車すると車内の温度が50度近くまで上昇することもあるほど。

そこで、窓は開けて運転するようにしましょう。風が抜けるように左右両方とも開けておきます。

風がある日だとこれだけでもだいぶ涼しさが違います。

注意点としては、窓が全開だとビニール袋などの軽いものが飛びやすくなります。飛ばないように車内は整理しておきましょう。

また、太陽の角度によっては直射日光を直接長時間浴びてしまうので、日焼け止めは塗っておいた方がよいでしょう。

私は何も考えずに窓を全開で運転し、右腕だけ日焼けがひどくなったことがありました。

日陰に駐車する

停車時はできるだけ日陰になる場所を選ぶようにしましょう。

夏場の直射日光はグングン車内の温度を上昇させます。

直射日光をどれだけ避けられるかは大きなポイントです。

停車時はサンシェードで断熱する

メルテック フロントサンシェード ブロックシェード Mサイズ W断熱 消臭&抗菌 1360×730 吸盤2個入り Meltec PBW-11

停車時に欠かせないのがサンシェード

フロントガラスから入ってくる直射日光によってダッシュボードは80℃近くまで上昇することがあります。

触ったら、アチ!と火傷をしそうになるレベルですね。

それだけホカホカになってしまったら、どれだけ涼しくなる対策をしても焼け石に水です。。

ダッシュボードの高熱化と車内へ直射日光が入るのを防ぐために、サンシェードが大活躍します

サンシェードは直射日光を防ぐので、断熱効果があるんです。

そのため、直射日光による温度の上昇を軽減することができます。

取り付けもサンシェードに付いている吸盤をピタッとフロントガラスに押し付けるだけなので簡単ですよ。

実際に私もサンシェードを毎日使っていますが、使わない場合と比べてダッシュボードの温度上昇はかなり抑えられていると感じますね。

保冷剤を使う

D&M(ディーエム) アイシング用蓄冷剤 400ml(大) #DI-400 [冷やしても固くならないタイプ]

これまで紹介した方法は、「車の温度上昇を抑える」方法ですが、クーラーのように「冷やす」方法ではありません。

しかし、保冷剤やアイシング用の蓄冷剤を使うことで体を直接ひんやりさせることができます。

背中や首筋、脇の下など一部だけでも保冷剤で冷やしておくと、暑さはだいぶやわらぎますよ。

ただ、直接保冷剤を車に積んでいても車が熱くなってしまえば冷却効果は徐々になくなってしまいます。

そこで、クーラーボックスの中に保冷剤をいくつか入れておき、使うタイミングで取り出すようにすると長時間の運転でも冷えた保冷剤を使うことができますよ。

注意点としては、冷やしすぎると凍傷や神経麻痺になる恐れがあるので、タオルなどで巻いて使い保冷剤を直接体に当てないことと、こまめに冷やす場所を変え、同じ場所を長時間冷やしすぎないように注意しておきましょう。

猛暑の場合はいくら対策をしてもエアコンの快適さにはかないませんが、何もしないよりは対策をとっておくと涼しさが段違いです。

エアコンがどうしても使えない、という状況の場合はぜひ試してみてくださいね。