アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【SE事情】東京捨てて地方を選んでも東京に転勤になるよ

f:id:peppersack:20160806123929j:plain

<2018/07/24更新>

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

システムエンジニアは、いまやクラウドソーシングの伸びもあり地方でも活躍するエンジニアが増えてきました。

それでも、地方のシステム開発会社へ就職・転職するケースもまだまだあります。というか、まだそれが地方のデフォルトスタンダードですね。

 

地元だったり、移住だったり、結婚だったりといった様々な理由で、東京ではなく地方をあえて選択して就職するケースもあるでしょう。

でも、ちょっと気をつけてください。

地方に就職しても、東京に行くことになるかも。。。。。

 

▽スポンサードリンク

 

 

せっかく地方に就職しても、東京に転勤

というのが、システム会社は他のどの業界もそうですが、「お客さんありき」で仕事が成り立っています

そして、お客さんはどうしても東京に集中しています

お客さんの要望によっては、常駐で作業をしたりもするわけです。特に2次請け、3次請けだったらなおさら。

地方にお客さんがいなかったら、東京に仕事を求めるしかありません。

 

営業が頑張ってめでたく「受注が取れた(取れそう)!」

となるとですね。

 

上司「○○君。~~の仕事があるから、来週から東京ね」

 

あなた「=( ̄□ ̄;)⇒」

 

となるわけです。

「来週から」というのも地方では日常茶飯事です。

せっかく地方に就職しても、東京に行かざるをえないんですよね。

じゃあ断れるのか?

「せっかく地方に就職したのに」「家を建てたばかりなのに」「子どもがまだちいさいのに」

そんな事情は通用しません。それを許していたら仕事が取れないからです。「じゃあ来週から何するの?」と言われて終わりです。

会社を選ぶときによく気をつけておいてください。。社内SEとか、自社でサービスを提供している場合は少し事情が違いますが、地方に圧倒的に多い「受託や常駐メインの会社」であれば、そういったリスクはあります。

 

転勤無しでSEはできるのか

転勤絶対無しで地方でSEをしたいならどうするか。

・システム系ではない会社の社内SE

・グループ会社(地方)の仕事を請け負っている会社の社内SE

・自社でサービスを提供している会社(ゲーム開発会社などですね)でSE

といった選択肢があります。

ポイントは「受託やSES(常駐)メインでやっているかどうか」が一つの判断基準になります。受託や常駐がメインの場合、今は東京の仕事を受注していなくても、仕事が無くなれば東京に行くわけです。

そのため、受託や常駐メインの会社を選ぶ場合は「転勤は絶対にしない」ことを明確に伝えておくようにしましょう。

「まあ少しぐらいなら」と考えるかもしれませんが、3ヶ月の予定が半年になり、1年になり、3年になり。。。皮肉なことに、良い仕事をすればするほど良い評価がもらえてその仕事を長く続けることになります。

実際に何年も単身赴任をして帰ってこれていない人もいますね。

子どもがいたら日々の成長が見れないわけです。家族と一緒にすごせないわけです。

ポイントは転勤がない職場を選ぶか、転勤しない意志を伝えること

転勤をしないためには、

①以下のような転勤リスクの少ない会社を選ぶ

・システム系ではない会社の社内SE

・グループ会社(地方)の仕事を請け負っている会社の社内SE

・自社でサービスを提供している会社(ゲーム開発会社などですね)でSE

②受託や常駐メインの会社の場合、はっきりと転勤をしない意志を伝えること

の2点が重要になります。

いずれにしても、会社の採用ページだけでは判断せず、しっかりとした情報収集を行うことが大切です。

そのために活用しておきたいのが、転職エージェントを利用した転職活動です。

www.alloylog.info

自分だけで転職サイトや会社のホームページで会社の情報を調べても、転勤の有無については情報が出てこないことは多々あります。

しかし、転職エージェントは専門のコンサルタントが企業の情報を仕入れているため、より深い情報を手に入れることができます。

また、転職エージェントにあらかじめ「転勤できない」旨を伝えておくと、「転勤なし」の条件で求人をピックアップしてくれたり、企業へもあなたの転職の条件として「転勤できない」旨を代わりに伝えてくれるので、「転勤しない」条件で転職できる会社が見つかりやすいのです

最大手のリクルートエージェントは大手のエージェントの中では地方求人を多く持っていますし、しっかりと相談に載ってくれるのでとりあえず登録しておきたい転職エージェントです。

【リクルートエージェント】

 

他の転職エージェントも見てみたい方は以下の記事をどうぞ

www.alloylog.info

 

 

転勤にならないためには、「安易に妥協しない」ことが大切です。

転職エージェントなども利用しながら、「転勤しない」条件で働ける会社を見極めていきましょう。