アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

Linux入門講座:【第1回】 cdコマンド

 


こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

僕はSEなのですが、業務サーバーではLinuxを使っています。というより、Linux以外のサーバを触ったことがありません。

そこで、「コマンド?何それ?おいしいの?」という人のためにLinuxでよく使うコマンドの解説をしていきたいと思います。

Linux初心者という生徒がいましたので、彼に解説しますね。

tartgeticon それでは解説を始めていきます。第1回はcdコマンドですよ。
myicon シーディーって音楽聞くやつだろ?コマンドでどうやって使うんだ?
tartgeticon 「」



ということで、、、彼にcdコマンドを教えていこうと思います。
超基本コマンドなので、ぜひ覚えていってください。

 

▽スポンサードリンク


 



1.「cd」コマンド:ディレクトリの移動

 

tartgeticon まず、「cd」というのは「change directory」の略、つまりディレクトリを移動する、ということなんですよ。
myicon 「でぃれくとり」って何なん?
tartgeticon (教えがいのあるやつが来たな)
ディレクトリっていうのは、Windowsでいうフォルダみたいなものかな。ファイルを格納している入れ物の場所のことを「ディレクトリ」と呼ぶんですよ。
myicon ふ~ん。ディレクトリねえ。フォルダと一緒なら分かるぞ。
tartgeticon Windowsでも、フォルダをクリックするとフォルダの中身が表示されますよね。
myicon そうだな。それがどうした。
tartgeticon (怒。。プルプル。)これは言い方を変えると「今見ているコンピューター上の場所を、フォルダの外からフォルダの中に移動」しているんです。Linuxに置き換えると、「ディレクトリを移動する」という意味になるんですよ。これをコマンド環境で実現するのが「cd」というわけです。
myicon 要するにフォルダ移動するのをLinuxでは「cd」でやるってことね?
tartgeticon (分かってくれた!)そうそう。「cd」が無かったら、例えばWindowsでもデスクトップしか見えない環境でコンピューター上のファイルを操作するのは大変ですよね。だから「cd」で場所を移動できるようにしておきましょう。
myicon まあマウス使えねーしな。cdだけならたぶん覚えられるよ。
tartgeticon OK!cdの概念は分かったみたいだね。じゃあ次にcdの使い方を説明しますよ。

 

2.cdコマンドの使い方・・・の前にpwdコマンド

 

tartgeticon 早速ですが、cdコマンドを使う前に、「pwd」というコマンドも覚えておいてください。
myicon ええ?cdだけじゃねーの?
tartgeticon まあまあ、今回はこれだけなんで、頑張って覚えて帰ってください。「cd」は「ディレクトリを移動する」と言いましたが、移動する前に「どこから」移動するか。つまり、現在のディレクトリがどこか、という情報は知っておく必要があります。これを解決するのが「pwd」コマンドです
tartgeticon 「pwd」は「Print Working Directory」の略、つまり作業ディレクトリを表示する、というコマンドです。要するに現在のディレクトリを教えてくれるコマンドですね。
myicon ふ~ん。
tartgeticon では実際にpwdと打ってみましょう
$ pwd
myicon 打ったよ。あー疲れた。で?
tartgeticon 打ったらエンターキーを押してください。そうすると、打ったコマンドが実行されます。
myicon エンターキーどれだっけ?あ、あった。ぽちっと。
$ pwd
/home/hogehoge
myicon なんか「/home/hogehoge」って出てきたけど?
tartgeticon これが「pwdの実行結果」つまり現在のディレクトです。今は「/home/hogehoge」にいるっていうことですね。
myicon とりあえずどこにいるか分からなかったらpwdを打っておけば今の場所が分かるってことだな。
tartgeticon そういうことです。じゃあ本題のcdコマンドを説明しますね。
myicon まだあんの?なげーな。



3.cdコマンドの使い方

 

tartgeticon それでは移動してみましょう。一つ下の階層に移動してみましょうか。ディレクトリ名は、、何でもいいのですが。。
myicon Windowsだとビデオフォルダをよく見るからビデオフォルダに行こうぜ。俺のビデオフォルダをなめんなよ
tartgeticon (何の自慢だ)
じゃあ「video」というディレクトリにしましょうかね。まずcdを打って、半角スペースを1回打ってから対象ディレクトリのvideoと入力してください。
myicon こうか?
$ cd video
tartgeticon うん、OKです。ではエンターを押してみてください。
myicon はいはい。
$ cd video
bash: cd: video: No such file or directory
tartgeticon これは移動する先のディレクトリが無い。というエラーですね。この場合は移動ができません。今回は私がディレクトリを作っておきますね。
myicon (無いなら先に言えよ)
tartgeticon ではもう一度打ってみてください。
myicon はいよ。ぽちっと。
$ cd video
myicon お?なんか上手くいったみたいだぞ。
tartgeticon では移動できたかどうか、「pwd」コマンドを打ってみてください。
myicon 「pwd」はこんな時に使えるのね。よいしょっと。
$ pwd
/home/hogehoge/video
myicon よし、ビデオフォルダに入れたぞ!
tartgeticon (なんだこの喜びようは)
ちなみに、今回ディレクトリ名を「video」と指定しましたが、「./video」でもOKです。「./」は現在のディレクトリの階層を示します。現在のディレクトリからの位置のことを「相対パス」と呼びますが、「./」は相対パスの考え方で明確に指定する方法ですね。
myicon ふーん。相対パスねえ。
tartgeticon (分かってるのかな)
あともう一つ、頭から「/home/hogehoge/video」という指定の仕方をしてもOKです。「/」のことをルートと呼ぶのですが、ルートからの位置のことを「絶対パス」と呼びます
myicon ふーん。絶対パスねえ。
tartgeticon それから、上のディレクトリに戻りたい場合もありますよね。その場合は「../」と指定して移動すると、上のディレクトリに戻ることができますよ。やってみましょう。
myicon ビデオフォルダから離れたくないんだけど。。了解。こうかな。ついでにpwdも打っておくよ。
$ cd ../
$ pwd
/home/hogehoge
tartgeticon (あれ?成長したなあ)
そうそう。上出来です。あと、下のようにディレクトリを指定しなかった場合や、「~」で指定した場合はホームディレクトリに移動します。「~」はホームディレクトリを意味します。
ディレクトリを指定しなかった場合
$ cd
$ pwd
/home/hogehoge

↓「~」で指定した場合
$ cd ~
$ pwd
/home/hogehoge
tartgeticon ということで、「cd」の使い方について、解説を終了します。使えそうかな?
myicon ビデオフォルダで覚えたからもうオッケー!説明終わりだったら帰るぜ。家のビデオフォルダが俺を待っている!
tartgeticon (行っちゃった)
ビデオフォルダって何なんだ。


ということで、cdコマンドの説明は以上です。
また他のコマンドも入門講座やっていきますので宜しくお願いします。

▼NEXT

 

www.alloylog.info

 

 

補足:オススメのLinux入門書


解説回りくどい!本で勉強する!と言う方は以下の書籍が入門レベルではオススメです。