アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

Blogger歴3年の僕が語るBloggerのメリットデメリット


こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

僕はこのブログを始めて3ヶ月弱ですが、Blogger歴は実は3年になります。家庭菜園の日記ブログを長いこと書いていたので、割とほそぼそと続けていたんですよね。

ブログを始めるとなると、Livedoorブログやはてなブログなど、いろんなサービスがありますよね。

僕も最初の日記ブログの時も今のブログでもどのブログサービスで始めるか?ということは真剣に比較検討しました。

結果的にBloggerを選択したのですが、使い続けてメリットもデメリットもよく分かってきました。

そこでBloggerでブログを執筆していくことのメリットとデメリットは何なのか?紹介していきますね。

▽スポンサードリンク



Bloggerのメリット


完全無料である


ブログを始める敷居が低いNo.1の理由です。

独自ドメイン導入する場合はドメインの購入費がかかりますが、ブログサービスとして見た場合、全くお金がかかりません。

たとえばはてなブログの場合は独自ドメインを導入する場合「はてなブログPro」という有料サービスに加入する必要があり、月数百円はかかりますよ。Bloggerだとドメイン購入費以外はゼロです。

さらに言うと、ドメインをデフォルトのままで運用すると文字通りゼロ円です

強制挿入広告ゼロ


大手ブログサービスのLivedoorはてなブログでは、強制的に広告が挿入されます。※はてなブログでは有料版にすると広告を消せます。

無料ブログのこのクオリティで全く広告がゼロ、と言うのはさすがGoogleサービスというべきでしょう。

アフィリエイトはやり放題


商用的な利用制限は無いので、アフィリエイトはやり放題です。無料ブログなのにいいんですかね。素晴らしいです。

知識があればテンプレートもどんどん変更できる


Bloggerのテンプレートは独自のタグ記法で記述されているのですが、XMLの知識があればどんどんカスタマイズしていけます

cssもテンプレートの中に書かれています。ちょっとしたデザインの変更ぐらいであればテンプレート変えるより自分で少しいじった方が早いと感じています。

Googleサービスとの連携が容易


さすがGoogleというところなのですが、AdsenseやGoogleAnalytics、SearchConsoleの導入が非常に楽です。簡単な設定で導入できるので、自分でコードを挿入する必要がありません。

検索順位上位を獲得しやすい(独自ドメインではない場合)


少し重箱の隅をつつくような話です。

大手ブログサービスの場合、ドメインオーソリティが高いので、書き始めたばかりのブログでも検索上位に上がりやすくなる傾向があります。

でも、普通は同じブログサービスの先人達が検索上位にいますよね。そしてGoogle検索結果に同じドメインのページを複数載せないような仕組みを導入しています

そのため、先人達よりクオリティの高いページを作らないと、検索結果に載ることもできないんです。。普通は。

でもBloggerではそもそもの使用者が少ないんです。ドメインオーソリティの恩恵も受けるので、母体が少ない分上位がとりやすいんですよね。

ちなみに、これは「独自ドメインではない」場合だけです。独自ドメインの場合は、Wordpressなどと同様、ドメインオーソリティは皆無ですので、上位を取れるかどうかはあなた次第です。

Bloggerのデメリット


集客は大変


ええ、大変です。。。というのも、例えばはてなブログは集客力でいうと間違いなくNo.1ですね。関連記事やはてブ、読者登録など、他のブロガーや読者の目に触れる機会をたくさん作ることができます。Livedoorなどでも同様の仕組みがありますね。

ところが、Bloggerはそういった集客の仕組みが皆無です。(無いことはないんですが、Google+など、集客力がイマイチなので。)

そのため、検索エンジンに載るまではTwitterFacebookなど自分で拡散していく努力は不可欠でしょう。良質なコンテンツができれば検索エンジンで上位表示できるので、それまでの辛抱です。

使いやすいテンプレートが少ない


現在はレスポンシブのデザインが定石ですが、デフォルトで使えるテンプレートではレスポンシブのデザインはほとんどありません。

フリーで公開されているテンプレートもいくつかはあります。日本語だと、「Vaster」なんかはモダンなデザインで唯一お勧めできますね。

ただ、いずれのテンプレートもカスタマイズ前提で、痒いところまで手が届いているものはほとんどありません。

私もVasterが使いやすく導入しましたが、原型を留めないほどにカスタマイズしました。そして「記事が一部表示されない」という不具合に悩まされ、テンプレートを変えましたが、そこでもまたカスタマイズしまくりました。

Wordpressなんかだと、「Stinger3」など、無料でも秀逸なテンプレートは多いですよね。足りないものはプラグインで補完できますし。

その分Bloggerだと「自分で対応する」必要があるので、デザインや機能の細かい部分にこだわる場合は少し難易度が高いかもしれません。

情報が少ない


「こういう機能どうやって実装するんだろう」「こんな不具合があったんだけどどうやって対応すればいいんだろう」といった悩みにぶつかったとき、Bloggerだと情報が少なくて苦労します。

Wordpressはてなは誰かが記事に書いてあるのでググればすぐに解決できます。

ただ裏を返せばBloggerで困ったことが起きたら、「情報が少ないので、上位表示できるチャンス」と考えることもできますよ。


まとめ


いかがでしょうか。
ここまで書いてきて私の結論ですが、
Bloggerは無料・無広告でこのクオリティは素晴らしい」です。

寂しいこともありますが、続けていれば読んでくれる人も出てきます。ブログにお金をかけたくない方には本当にオススメしますよ。