アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【レビュー】コスパ抜群のビューティラボ ミルキィヘアカラーは男性にもオススメ!使ってみた感想

f:id:peppersack:20180710235933j:plain

こんにちは、アロイです。

そろそろ黒髪にも飽きてきたし、少し茶色く染めてみようかな?と思ったので、ビューティラボの「ミルキィヘアカラー」でカラーリングをしてみました。

当初は男性用のヘアカラーを探していたのですが、男性用は色の種類が少なく断念。

そこで、安くて色の種類が多い「ミルキィヘアカラー」を選びました。カラーリングでよく聞く「hoyu」が販売しているので、大手ならではの安心感もありました。

実際に使ってみたところ、塗りやすく、染め具合もバッチリで髪のアフターケアまでしっかりしていたので買って正解でした

コストパフォーマンスが高く、男性にもオススメできるヘアカラーだったので、ご紹介します。

基本情報

カラー 12色※後述
原産国 日本
ヘアカラー 1剤(40g)+2剤(80g)
pHコントローラー 8ml
美容液 5ml
特徴 乳液タイプ

乳液タイプなので、タレにくく塗りやすいのが特徴のヘアカラーです。自分でカラーリングするときに塗りやすいのは大きなメリットですね。

また、ヘアカラー直後の髪のコンディションを整えるpHコントローラーや美容液もたっぷりと付いています。傷んだ髪のアフターケアもバッチリです。

量はセミロングまでは1個でOKですが、ロングの場合は2個必要です。私の場合は男性でショートなので、1個で十分でした。

あとは値段が安いのも魅力的です。Amazon価格で700円を切っています。

ミルキィヘアカラーはカラーバリエーションが充実

ミルキィヘアカラーは色のバリエーションが充実しているのが見逃せないところ。

例えば、ダークブラウンはありそうでなかなか見かけない色です。男性用では白髪用を除き、あまりみかけないですね。

また、グラマラスアッシュはミルキィヘアカラーの中で人気No.1。

他にも、以下のように豊富なバリエーションで合計12色がラインナップしています。明るい色から落ち着いた色まで、なかなか揃っていますね。

ハニー系 ハニーベージュ
ベージュ系 ヌーディベージュ
ブラウン系 ミルキーブラウン
ブラウン系 ナチュラルブラウン
ブラウン系 ディープブラウン
ブラウン系 ダークブラウン
ブラウン系 ピュアショコラ
ブラウン系 クラシックブラウン
ピンク系 シフォンピンク
ピンク系 リッチロゼブラウン
アッシュ系 スイートアッシュ
アッシュ系 グラマラスアッシュ

ミルキィヘアカラーの染め方

f:id:peppersack:20180712233100j:plain

ミルキィヘアカラーの染め方はわりとシンプルです。

①薬剤を混ぜる

②髪に薬剤を付けていく

③放置する

④洗い流す

⑤アフターケア

大まかな流れはこんな感じ。

①薬剤を混ぜる

f:id:peppersack:20180712233409j:plain

チューブ状の1剤をボトルの2剤に入れて混ぜます。

f:id:peppersack:20180712233904j:plain

混ぜるときには2剤のボトルのフタをして30回ほどシャカシャカします。

f:id:peppersack:20180712234021j:plain

シャカシャカしたら、フタを取ってクシ型ノズルに付け替えます。

薬剤が混ざったらすぐに塗りはじめることが大切です。時間が経ったらカラーリング効果が弱くなるそうですよ。

②髪に薬剤を混ぜる

f:id:peppersack:20180712233952j:plain

ボトルを押すと、うにゅーと薬剤が出てきます。一気に出すとタレたり液が落ちてしまう可能性があるので、少しずつ出しながら髪につけていきます。

大体15分ぐらいで塗り終えるようにします。焦らずに丁寧に塗るようにしましょう。

しっかり発色させたい場合は、液を多めに塗るとよいそうです。ただし、液ダレには注意です。

③放置する

f:id:peppersack:20180712234700j:plain

液を塗ったら15分前後放置します。髪質によって5分程度時間を前後に調整しますが、長く放置すると傷んでしまうので、気になる方はタイマーをセットして忘れないようにしておきましょう。

f:id:peppersack:20180712235043j:plain

あとは、液は放置しておくと危険なので、すぐに洗い流す必要があります。忘れないうちにこの放置時間のうちに洗い流しておきましょう。

④洗い流す

シャワーなどで十分すすぎ、2回シャンプーします。2回ですよ2回。薬剤が残らないようにしっかり洗い流します。

⑤アフターケア

f:id:peppersack:20180712235316j:plain

シャンプー後は、タオルで髪を拭き取ってからpHコントローラーを髪になじませます。髪のコンディションを整えてくれるので忘れずに。

しっかりなじませたら5分程度放置して、洗い流します。

その後、コンディショナーをしてまた洗い流します。

f:id:peppersack:20180712235545j:plain

最後に美容液です。傷んだ髪をしっかりケアしてなめらかに仕上げます。

この美容液は洗い流す必要はありません。

染めた後の感触、感想

f:id:peppersack:20180712233032j:plain

ダークブラウンで染めてから1週間が経ちました。

カラー後の放置時間が短いのでちゃんと染まるかな?と不安でしたが、しっかり発色していました。周りからも、「染めた?いいねー。」と気づいてもらえています。

今回はダークブラウンを選択しましたが、狙い通り明るくなりすぎず、落ち着いた茶色に染まっていました。セルフカラーとしては成功です。

また、アフターケアがしっかりしているせいか、髪の傷みもそれほど気になりませんでした。カラーリング当日は若干頭皮にかゆみがありましたが、翌日からはかゆみもとれました。

以前別のヘアカラーでカラーリングしたときには3日間ぐらいかゆみがとれなかったので、今回のミルキィヘアカラーでは傷みが少なかったように感じます。※念の為、個人の感想です。

まとめ 男性も使えるコスパ抜群のヘアカラー

いかがでしょうか。

ミルキィヘアカラーの発色は良い感じで髪のアフターケアがしっかりしていると感じました。

また、カラーバリエーションが豊富なので、男性用ヘアカラーには好きなカラーがなかった。。。という男性でも普通に使えます。

あとなんといっても価格も安くコスパが最高です。あまりお金をかけずにしっかりとカラーリングしたい方にオススメですよ。