アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

1ヶ月で配当総額が29倍?コインがもらえるBridgeCoinの特徴・ステークする方法まとめ

f:id:peppersack:20180125043725p:plain

こんにちは、アロイです、

BridgeCoin(BCO)という仮想通貨をご存知でしょうか?

CryptoBridgeで扱っている独自のコインですが、「ステーキング」といってCryptoBridgeにBCOを一定期間預けることで仮想通貨がもらえます。

2017/12/15から配当の配布が始まりましたが、1ヶ月で配当総額が28倍にも膨らんでいるんです。短期間で凄まじい成長です。

そこで、今回は配当がもらえる仮想通貨「BridgeCoin(以下BCO)」の特徴とステークする方法を開設します。

BridgeCoinの特徴

CryptoBridgeの収益50%を各種コインで受け取れる

BCOの最大の特徴は、保有しているBCOを「ステーキング」することでCryptoBridgeの収益の一部がもらえる点です。

収益の50%がステーキングしたBCOの枚数に応じて分配されます。

これだけでも魅力的な仕組みですが、なんと分配は2週間に1度。かなり高い頻度で分配されます。

報酬はCryptoBridgeで扱っているコインで支払われるため、持っていなかった仮想通貨も幅広く入手できるんですよ。それらのコインが将来的に値上がりする可能性もあります。

ステーキングとは、一定期間BCOをCryptoBridgeに預けることです。

株式の配当に考え方は近いですね。ビットコインなどのように「決済」に使うコインではなく、「投資」の用途で使われるコインです。

確定した期間が経過するまでは、ステーキングしたBCOを引き出したり取引することはできません。

海外取引所大手のBinanceなどでは利益をアフィリエイトなどの紹介料として還元する仕組みがありますが、CryptoBridgeとは根本的に仕組みが違いますね。

CryptoBridgeでは手数料などの収益から50%がステーキングした人(以下ステーカー)に分配されるため、CryptoBridgeの取引高が増えれば増えるほど受け取れる配当額が増えるということになります。

ちなみに、取引や送金でBCOを入手しても、ステーキングしないと報酬はもらえません。ご注意ください。

長くステークすれば報酬額もアップする

基本的にステーキングしたBCOの額に応じて分配 される仕組みですが、長くステークすればそれだけ報酬額もアップします。

どれだけ報酬額がアップするのかを示した表が以下です。

ステーク期間 ボーナス
1ヶ月 0%(ボーナスなし)
3ヶ月 20%
6ヶ月 50%
12ヶ月 100%

つまり、12ヶ月ステークしておくと、配当が倍になるという計算になります。

その分12ヶ月間は引き出せなくなりますが、倍の配当が受け取れるというのは大きなメリットですね。

ちなみに、ステーク期間を過ぎたあとは引出すことが可能ですが、そのままステークしておくとボーナスがそのまま適用されます。改めてステークの設定をする必要はありません。

12ヶ月にステーク期間を設定すると、13ヶ月目以降もそのままおいておけば倍の報酬がそのまま受け取れる、ということです。

ただし、指定した期間以上のボーナスは付きません。

例えば、3ヶ月の設定でステークしたBCOをそのままステークしても、4ヶ月目以降は20%のボーナスが適用されたままですが、6ヶ月経過してもボーナスは20%のままです。

50%のボーナスで受けとるためには最初から6ヶ月の期間を指定してステークする必要があります。

ZNY,MONA,BTCで購入可能

f:id:peppersack:20180125112111p:plain

BCOは基本のBTCで購入(取引)できるほか、国産コインのZNY(BitZeny)やMONA(MonaCoin)でも購入できます。

▼最近人気が出てきている国産のZNY。

f:id:peppersack:20180125112215p:plain

▼日本の各種取引所でも扱っているMONA

f:id:peppersack:20180125112333p:plain

日本円から購入する場合は、送金手数料の安いMONA建てで購入するのがオススメです。

一度Zaifなどの取引所でMONAを購入してからCryptoBridgeに送金して 、送金したMONAを元にBCOを購入できます。

過去のBridgeCoinステーカーへの報酬の推移

2018/1/25現在、過去に3回報酬の配布がありましたが、なんと配当総額は1ヶ月で29倍にもアップしています。

f:id:peppersack:20180125043725p:plain

1回目(2017/12/15)は0.24BTC相当でしたが、3回目(2018/1/15)には7BTC相当。

CryptoBridgeの取引高が順調に増えていることが伺えます。

取引高が増えれば増えるほど報酬も増えるため、今後のCryptoBridgeの成長に期待ですね。

BridgeCoinをステーキングする方法

最後に、BCOをステーキングする方法をご紹介します。

BCOを入手したら、「アカウント」タブの「BridgeCoinステーキング」を選択します。

f:id:peppersack:20180125113611p:plain

その後、説明を読んでステーキングするBCOの金額を入力し、ステーキング期間を選択してください。

f:id:peppersack:20180125041943p:plain

金額の入力は、「利用可能:XXXBCO」の文字をクリックするとステーキング可能な最大の金額が自動で入力できます。

ちなみに、2018/1/25現在ステーキングには0.18467BCOの手数料がかかります。分配があることを考えるとすぐに元は取れそうな手数料ですね。

入力が終わったら、同意のチェックボックスにチェックを入れ、「新しいBCOステーキングを作成する」を選択します。

f:id:peppersack:20180125042050p:plain

確認画面が表示されます。

なぜか表示がおかしくなりますが、「確認」を選択してください。

※私以外の方でも同様に表示がおかしいようです。

f:id:peppersack:20180125042239p:plain

以上でステーキングが完了です。

もう一度ステーキングの画面を表示すると、下記のようにステーキングの詳細が表示されます。

あとは配当を楽しみに待つだけです。

f:id:peppersack:20180125042333p:plain

まとめ

BridgeCoinはCryptoBridgeの取引高(手数料)に比例して配当金額が増えるので、投資の感覚で楽しめる仮想通貨です。

なかなか魅力的な仕組みだと思うので、私も余剰資金ができたら引き続きステーキングを増やしてしていこうと思います。