アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

「転職したいけど時間がない」を解決する4つの方法

f:id:peppersack:20171212002006j:plain

転職をしたいときに多いのが、「転職をしたいけど転職をする暇がない」という悩み。

求人探しに面接など、転職活動にはある程度の空いた時間は必要ですから、時間が無いとなると転職をするのはグッと難しくなります。

そうはいっても、今の仕事が忙しかったり家に帰ってもなかなか時間を取れずに転職活動どころではない、、ということも多いでしょう。

しかし、転職活動を成功させるためには「時間が無い」問題をクリアする必要があります。

私も転職活動をはじめようと決意したころは毎日夜遅くまで残業していましたし、休日出勤もしていました。転職活動をする時間なんて無いと思っていました。

でも、決して諦めないでください。

自分の仕事や生活・そして転職活動のやり方も見直していけば、時間が無いなかでも転職活動をする方法はあるんです。

私も試行錯誤した結果、なんとか転職活動ができ、無事に数社から内定をもらうことができました。

今回は、私が試したなかでも効果のあった「時間がない」を解決する方法を4つご紹介します。

残業を減らす

時間が取れないなら、まずは工夫して時間を確保できないか考えてみましょう。

残業もその一つ。

1日8時間勤務で4時間残業している場合、12時間労働をしていることになりますよね。

いきなりゼロにすることは難しいと思いますが、例えば12時間を11時間まで減らすことはできないか考えてみましょう。

具体的には、無駄な作業がないか探すのです。

私の場合、システムエンジニアとしてパソコンでカタカタと開発をしていました。

そして探してみると、意外と無駄な時間ってあるんですよね。例えば私の場合は次のような時間が無駄でした。

  • パソコンの起動やソフトの起動を待っている時間
  • メールの文章を推敲している時間
  • 打ち合わせの時間(の一部)

それぞれ個別に見てみると大した時間ではありませんが、積み上げていくと意外と1時間程度の時間って生まれてくるんですよね。ちなみに、私の無駄な時間は次のように解消しました。

・パソコンの起動やソフトの起動を待っている時間

→頭を使う仕事をその間に片付けてしまう(考えておく)

・メールの文章を推敲している時間

→極端に失礼だったり曖昧な内容でなければ自信を持ってすぐに送る

・打ち合わせの時間(の一部)

→会議時間を最小限にして、必要な内容だけ打ち合わせるようにする。 

これらはあくまで例ですが、何か無駄な時間を抱えていないか探してみましょう。意外とたくさん出てくるのではないでしょうか。

あとは、仕事が終わったらダラダラ残らずにさっさと帰ることも大切です。同僚や上司に気を使ったりせず、遠慮せずに帰ってしまいましょう。

なにせ、あなたにとって大事な転職活動ができるかできないかがかかっているのです。少しでも早く帰れるように、何ができるのか考えていきましょう。

有給をとる

有給休暇を取得すれば、1日時間が生まれます。忙しい中での1日は大きいですよね。

個人的には、転職活動中の面接日の確保に有給休暇を利用することをオススメします。

仕事をしながらだと休まずに面接を受けるのは現実的には難しいです。中には夜間や休日に面接を行ってくれる企業もありますが、そんな企業は多くありません。

そのため、面接日を有給休暇として確保し、余裕があれば求人情報を探したり、企業研究に時間を使ってもよいでしょう。

しかし、有給休暇を取得するとなると、会社に負い目を感じてしまうかもしれないですね。現に、日本人の有給取得率は世界最下位で、「罪悪感がある」と多くの人が感じているようです。

headlines.yahoo.co.jp

でもよく考えてみてください。有給休暇を取得するのは労働者の「権利」です。何も罪悪感を感じる必要はありません。

さらに、休暇を取得しなかったらあなたが転職するチャンスも逃してしまうかもしれないのです。

あなたにとって必要なことは「転職をするために時間を確保すること」です。割り切って考えて有給休暇を取得するようにしましょう。

私の場合も、面接のため3日程度休暇や半日の休暇を取得しました。この休暇が無かったら今の会社には入れていなかったと思いますよ。

睡眠時間を減らす(条件付き)

家で求人情報を見たり履歴書を準備する暇すらない。。という人は、睡眠時間を減らして転職活動の時間にあてることを考えてみてください。

ただし、体に負担がかかるのであまり多くの人にはオススメできません。

5~6時間程度寝ている場合は、4~5時間程度に減らす感覚です。目安としては、減らす時間は1時間程度ですね。それ以上減らすとかなりキツイと思います。

「多くの人にはオススメできない」といいましたが、時間が無くてもどうにかして物理的に時間を確保しないと転職を実現することはできません。

「時間が欲しいな」と思っているだけで空いた時間が降ってくるはずはないのです。

そのため、時には体にムチを打ってやらなければならないこともある。と私は考えています。

あまり無理をするとよくありませんが、どうしても時間がない場合は「少し」睡眠時間を減らすことで時間を確保することができますよ。

転職エージェントで転職活動をする

転職活動というと、

  • 求人情報の検索・絞り込み
  • 企業研究
  • 書類選考の応募
  • 面接対策
  • 面接
  • 給与交渉

ざっとあげてもこれだけのことを行う必要があります。超盛りだくさんですよね。

時間がない中で一つ一つ対応していると、時間がいくらあっても足りません。

そこで活用しておきたいのが、サポートが充実している「転職エージェント」です。

転職エージェントは希望条件に沿った求人情報の紹介や企業への書類の提出・面接アドバイスや給与交渉までやってくれるので、忙しい人にとってはかなり役に立ちます。

私も転職エージェントを活用していて、思ったよりも転職活動の負担は少なくなりました。

転職サイトでは得ることのできない企業の情報や企業個別の対策情報も充実しているので、個人的には転職エージェントはもはや利用しないと逆に損だと感じています。

オススメの転職エージェントを以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

www.alloylog.info

 まとめ

転職を実現するためには、どんなに忙しくても時間の確保は必要になります。

「時間が無い」という場合は、ぜひこれらの4つの方法を実践して少しずつでも活動をはじめてみてくださいね。