アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

SEで転職面接で失敗する人の特徴6つ

f:id:peppersack:20171210232142j:plain

「転職したいけど、もし面接で落ちたらどうしよう。。」

転職の1番の正念場は企業との面接。ここでの受け答えが合否をほぼ決めることが多いため、やはり失敗はしたくないものです。

マズイ返答をしてしまって面接に落ちると考えると、気が重いですよね。特にSEは職業柄、面接が苦手という人は多いです。

そこで、実際にSEで転職面接で落ちてしまう人の特徴をまとめましたので、1つずつチェックしてみてください。

得意分野をアピールできていない

SEといってもその分野はさまざまで

・組み込み系が得意

・WEB系で特にPHPが強い

・作るのは苦手だが、マネジメントなら任せろ

と、あなたのこれまでの学習や経験から何らかの強い分野があるでしょう

これらを十分にアピールできていない場合は、印象が薄いです。

よくあるのが、自己紹介などで「こういう経験を積んできました。」で終わってしまうケースです。

仕事として実績がある、というだけでは採用担当としては「で?だから?」となってしまいます。

そのため、「.NETであればこういうことまでできますよ」のように、得意分野と自分がその得意分野を駆使することのメリットを面接官に伝えられれば印象は良いです。

ちなみに、幅広く得意分野がある場合、それはそれで高得点なのですが、意外と得意分野(プログラミングなら得意言語)が1つ~2つしかなくても評価は高くなったりします。専門性が高く感じられるからです。

むしろ、平均的に経験しているだけよりも「この分野は誰にも負けないよ!」と1点突破でアピールするほうが印象は強いですね。

転職理由が前職の悪口

SEの場合、ブラック企業が蔓延している業界風土もあり、転職理由がネガティブなケースが非常に多いです。例えば、

・残業代が全くでないが残業が多い

・ワンマン経営

・人間関係が上手くいかない

などがよくある転職理由です。

しかし、転職理由として面接でそのまま話してしまうと、たとえ本当のことであっても採用担当官としては非常に印象が悪いです。

なぜかというと、そういう会社を選んだのはあなた自身ですよね。

面接官としては「なぜあなたはその状況を改善できないのか?」とか「そもそもなぜそんな会社に入ったのか?(この人は見る目がないのか?)」とあなたの能力不足と感じてしまうからです

あとは、「考え方がネガティブだなあ」という印象にも受け取られてしまう可能性がありますね。

そのため、ネガティブな転職理由であってもできるだけ前向きな理由になるように転職理由を考えた方がよいでしょう。

転職してやりたいことが明確ではない

よく面接で「私が入ったら何をすることになるのでしょうか?」というような質問をする人が非常に多いです。

マイナスポイントというわけではありませんが、「何しにこの会社に来たんだろう?」と疑問に思われてしまう可能性があります。

もちろん企業側が期待する役割と100%一致するわけではありませんが、あなたが入社してやりたいことは強めにアピールしておいた方が印象はよくなりますよ。

その方が、やる気が感じられるからですね。

例えば、「この製品開発に参加して~事業を拡大させることに貢献したい」などのように、企業側にとってあなたの入社がメリットになるように伝えられればベターです。

自力でスキルを身に着けようとしていない

SEでよく聞くのが、「こういう技術を身に着けようと思っている」と口では言うものの、実際には何もしていない、というケースです。

「iPhoneアプリ開発がしたい」「Web開発がしたい」と威勢のいいことをいくら言っても、面接官からすると「で、あなたはそれを実現するために何をやってきましたか?」となります。

業務で使うスキルは自力で身につけなくても業務で関わる過程で、ある程度のレベルまでは到達しますよね。

しかし、それ以上のレベルまで到達したり、業務で関わらない分野のスキルを身につける場合には自分で学習する必要があります。

スキルを身に着けようとする行動力が無いと、SEとしてはレベルが停滞してしまうんですよね。面接官はその怠慢を見抜きます。

大切なのは、レベルが上がる見込みがあるSEなのかというポイント。

自力でスキルを身に着けようとしている場合は印象が良いのですが、自力でスキルを身に着けようとしていない場合は「うちに入社してもレベルアップしないんじゃないか?」と面接官は感じてしまうため、気をつけましょう。

長所を把握していない

あなたの長所はなんでしょうか?

SEでよく回答として聞くのが、「真面目なところ」とか「集中力があるところ」といった長所なのですが、それ長所じゃないです。。

100歩譲って長所だとしても、非常に印象が薄いですね。

長所を聞く理由は、あなたが入社することによって会社にとってどんなメリットがあるか確認したいのです。

最近は転職サイトなどで長所分析ができるコンテンツが充実しているので、一度分析して自分の長所を把握しておきましょう。

オススメはリクナビNEXT のグッドポイント診断です。自分の内面の特徴をしっかり分析しておくと、長所がグッと話しやすくなるので一度取り組んでおいた方がよいですよ。

字が下手

笑うような理由で面接とは関係ありませんが、実際に「字が下手すぎる」という理由で落ちるケースがあります。

たとえ面接で良い印象でも、「こんなに字が汚いと内面も汚いのでは。。」と不安に思われるんですよね。

言葉を選ばずにいうと、「猫かぶってる」と判断されるわけです。

身だしなみは整えて面接に臨むと思いますが、もし字が下手な場合はできるだけ丁寧に書くように心がけておきましょう。

字が理由で落とされるなんてもったいないですよ。

まとめ

いくつか特徴を上げましたが、よく面接に落ちる人の特徴として結局「本当にこの会社に入ろうと思っているのか疑問」という点に行き着くように感じます。

ぜひこれらの特徴を反面教師にして、面接対策に取り組んでみてください。

ちなみに、最近は転職エージェントを利用した転職活動が一般的になっています。転職エージェントは企業別にしっかり面接のサポートをしてくれるところが多いので、面接に不安があればぜひ登録しておくことをオススメします。

www.alloylog.info