アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

転勤をしたくないときにやるべきことは転職しかない

f:id:peppersack:20171204224539j:plain

会社員になって数年も経つと、転勤の打診や辞令を受けることがあります。

でも、住んでいる場所に愛着があったり、家族がいたりするとなかなか「分かりました」とすぐには言えないこともありますよね。

住んでいる場所と離れたくない。家族とは離れたくない。

では、転勤を打診されて、うまく逃れる方法はないのでしょうか。

実は私も前職では毎年のように転勤を打診されていました。

しかし、家族もいるのでどうしても転職したくなかった私。

もはやその会社では「転勤をしないと昇進もできない」という状況にも陥っていたため、転職をすることになりました。

結果的にはこれが正解で、転職した今は全く転勤の声がかかることもなく、安定した環境で仕事をしていますよ。

転勤を断ることは会社にとって損失になる

転勤をしたくない場合にまず考えてしまうことは「会社にそのままいながら転勤は断る」というものです。

会社にその希望が受け入れられれば、一見何の問題もなさそうに見えます。今までと同じように働いていけるからそれでOK。

しかし、その考えは大きな間違いです。

まず、「転勤を打診する」ということは、会社にとってあなたの転勤がベストな選択肢だから声をかけたということを認識しておきましょう。

会社にとって目指すことは売上や利益の拡大であり、会社の成長です。そして、会社の成長のためにあなたの転勤が必要だから声がかかっているのです。

そこで、あなたが断ったらどうなるのでしょうか。

会社が描いていたとおりの計画を実行することができないのです。大げさにいうと、売上や利益が伸びない、といったことですね。

つまり、転勤を断るということは、会社にとって大きな機会損失になりうる、ということを認識しておきましょう。

仮に転勤を逃れてもまたいずれ声がかかる

それでも転勤はイヤだから断るという人もいるでしょう。

しかし、転勤がある会社はたとえ一度断ったところで何度でも声がかかりますよ。

現に私はほぼ毎年転勤を打診されていました。いつも「家族がいるのでイヤです」の一点張りで突っぱねてましたが、とうとうある時転勤を断ったことを背景に、「勤務状態の評価が下がる」ということが起きました。

簡単にいうと、ボーナスの減額です。昇進話も消えました。

ショックを受けた私は、このあと転職を考えるようになります。

このように、転勤がある会社では転勤の打診から逃れ続けることはできません。

場合によっては「辞令」という形で断れないこともあるでしょうし、断ってしまうと私のようにペナルティがあるケースもあります。

転職はリスクがあるが、何もしないよりはよっぽどいい

そうなると、転勤から逃れるために有効な選択肢は「転職」です。

私はもうこれしかないと思っています。実際に転職して、今は転勤とは無縁の生活を送っています。

とはいっても「良い会社があるかどうか」「受からないかもしれない」「収入が下がったらどうしよう」といった不安はあるでしょう。私もそうでした。

もちろん転職にリスクはつきものです。100%望みどおりの会社なんてそうそうないでしょう。

しかし、今の会社に居続けても明るい未来はきっと無いと思いますよ。ずっと転勤の魔の手にさらされるなら、転職をした方がよっぽど良いと私は思います。

転職にリスクはあると言いましたが、納得できる会社をしっかり探せばいいんです。そんなに難しい話ではありません。

受かっても「なんか違う」と納得できなければあなたが入社を断ることもできますし、納得できた段階で入社を決めればいいのです。

絶対に転勤したくないなら、転職エージェントに相談するべき理由

そうと決まれば、まずは転職活動ですね。

転職活動となると転職サイトへの登録を考えるかもしれませんが、「転勤を絶対にしたくない」なら、転職エージェントへ相談することをオススメします。

私も数社の転職エージェントに登録して相談をしていました。

転職エージェントは、登録をすると電話などで面談をして、転職サイトには載っていない非公開の求人を紹介してくれたり、面接や転職活動の具体的なアドバイスをしてくれます。

料金はかかりませんし、「絶対に紹介をしてもらった中から転職先を決めないといけない」ということもないので、気軽に登録をしてみてください。

最近は転職エージェントでの転職がかなり一般的になっています。私の知り合いも転職エージェント経由で転職してキャリアアップしてますね。

話を戻します。「転勤を絶対にしたくない」場合に転職エージェントを使うべきなのは、求人を探す際にプロの目で厳選してくれるからです。

例えば私の場合、「転勤は絶対に不可の会社・職種で探してください」とエージェントにお願いをしました。そうすると、「転勤あり」の条件の会社はエージェントの方で篩いにかけて除外をしてくれるんですよね。

だから求人情報を探すのがすごくラクになります。転職サイトのフィルター機能とは精度が違いますよ。

それに、転職エージェントを利用すると企業への応募の際に大体「推薦書」のようなものを企業に出してくれます。あなたのアピールポイントや転職理由などを面接前に予め伝えておいてくれるんです。

私の場合、「転勤をせずに働きたい」といった点もエージェントから伝えておいてくれたので話が早かったですよ。

オススメの転職エージェント

繰り返しになりますが、転勤をせずに転職したいなら、転職エージェントに登録して相談してみましょう。

私のオススメの転職エージェントを紹介します。

エージェントによって扱っている求人内容が異なるので、いくつかの転職エージェントに合わせて登録しておくことがオススメです。

マイナビエージェント

20代から30代の転職に強い大手のマイナビエージェント。

私は実際にマイナビエージェントで転職を決めました。

人事担当との太いパイプがあり、応募した企業については募集要項に書いていないこともかなり詳細に教えてくれたのを覚えています。

サポートがとにかく手厚いので、信頼できるエージェントです。

求人数としてはIT系やメーカー系が多いですね。

転職を考えているなら、まず登録しておきたい転職エージェントです。

マイナビエージェントの無料支援サービスを見る

ワークポート

2016年度下半期リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて、 『転職決定人数部門 第1位』を受賞したワークポート。

求人数が多く、なんと常時15,000件の求人案件を持っているので、求人案件はぜひチェックしておきたいサービスです。

また、各業界のエキスパートが揃っていて、専門性の高いサポートが受けられるのが魅力ですよ。

ワークポートの無料支援サービスを見る

アイデムスマートエージェント

求人情報でおなじみのアイデムの転職エージェントサービス。

実は40年以上の歴史がある人材業界の老舗会社です。

25万社以上との取引があり、滅多に流通しないレアな求人も押さえています。

転職エージェントによっては希望に必ずしも合わない求人も合わせて幅広く紹介されることもあるのですが、このアイデムでは厳選してピッタリの求人を紹介してくれるのが特徴。

ピンポイントで質の高いサポートが受けられるエージェントです。

アイデムスマートエージェントの無料支援サービスを見る

まとめ

転勤をしたくないなら、恐れずにまず行動してみることが大切です。

転職エージェントならサポートを受けながら転職活動ができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

www.alloylog.info