アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

今はもう小学生が塾に通う必要はない?家でもゲーム感覚で勉強できる方法

f:id:peppersack:20171129001017j:plain

「みんな塾に通わせているし、うちの子も通った方がいいのかな」

小学生の子どもを塾に通わせるべきか悩む親は多いです。

・あの中学校に入るには塾に通わないと受からない

・とりあえず塾に通わせておけば安心

・周りが行っているから塾に通わせる

と、理由はさまざまですが、いずれにしても「塾=勉強して成績を維持・アップさせる場所」ということで通わせている親はたくさんいます。

しかし、塾しか無かった時代とは違い、今はもう家でも十分な学習ができる時代になっています。子供が自分から勉強をやる気になるような仕掛けをふんだんに盛り込んだサービスも出てきているんですよ。

もはや、「塾に通うのはもう古い」という時代がきています。

塾に通って消耗する小学生

f:id:peppersack:20171129001101j:plain

塾に通うとなると、週1~2回程度から主に夕方に学習塾へ通います。

塾によっては夜遅くなったり、宿題が出ることもありますよね。

でも、子どもたちは小学校でも宿題が出されています。

学校の宿題をして、塾に通って、帰ったらまた塾の宿題をする。遊びたい盛りなのに、勉強漬けの毎日。これでは勉強が嫌になっても不思議ではありません。

実際、私の周りでも「子どもが塾の宿題をやらなくて困っている」といった話を聞きます。

親が思っている以上に、子どもは塾に対して疲労を感じている可能性があるんですよ。勉強のために通わせている塾のために勉強が嫌いになったら元も子もありません。

子どもにとって塾が負担になっていないか、ということは考えておいた方がよいでしょう。

「塾に通えば勉強ができるようになる」わけではない

f:id:peppersack:20171129001203j:plain

そして、多くの親が間違っているのは「塾に通えば成績が上がる」とか「塾に通わないと成績が上がらない」と思っていることです。

私たち親の世代が子どもの頃にも塾に通っている人はたくさんいました。

しかし、塾に通っている人はみんな通っていない人に比べて勉強ができたでしょうか?

実際、塾に通っているかどうかでそれほど違いはなかったでしょう。

「塾に通わせる意味が全くない」とまではいいませんが、少なくとも成績アップに効率的な手段とは言い切れません。

逆に、塾に通わせることで疲れて集中力が切れたり、勉強嫌いになって成績ダウンしてしまうことの方が気になるところです。

「塾に通えば勉強ができるようになる」わけではないのです。

塾しか無かった時代と今は違う

戦後の高度経済成長期のような、学校以外に塾しか無かった時代なら塾でも良かったかもしれません。

しかし、今は塾以外にも勉強する選択肢は本当に増えてきています。

例えば、進研ゼミやZ会のような通信教育なら塾よりはるかに安く効率的な勉強ができます。通信教育は、親世代の方ならなじみはあるかもしれませんね。

通信教育なら定期的に適度な量の教材が届きますし、「苦手な問題だけ取り組む」といった柔軟な勉強の取り組み方が可能です。

最近は家でも月1000円以下でプロのサービスが受けられる

さらに、最近では通信教育よりもさらに安く柔軟に学習できるサービスが出てきています。

私のオススメは、月500円~で使える【学研ゼミ】 です。

学研は教育書籍や図鑑などで有名ですが、実は70年の歴史を持つ老舗教育会社。

この学研ゼミは、タブレットやパソコンで楽しく効率的に学習ができるサービスです。

学研ゼミはいくつかのサービスの中から使うサービスを選んで利用します。分かりやすいドリル形式の「スマートドリル」とゲーム感覚で問題を解く「ワンダードリル」が小学生にはピッタリ。

それぞれ利用料金は月額500円となっていて、両方利用する場合は月額1000円になります。一つしか利用しない場合は500円ですので、プロの品質のサービスがこの価格というのは破格の安さでしょう。

「スマートドリル」も分かりやすいので授業進度に合わせて使うなら良いサービスですが、私はなんといってもゲーム感覚で楽しく学習できる「ワンダーランド」をオススメします。

ゲーム感覚で勉強が楽しく続けられるワンダードリル

学研ゼミのワンダードリルは、パソコンやタブレットで使うことができます。

問題を解くことでポイントが貯まり、アバターの着替えやアイテムをゲットすることができる楽しい教材です。

小学1年~中学3年までの問題に自由に取り組めるので、苦手な問題から難しい問題まで自分のレベルに合わせてどんどんと進めていくことができます。

画面はこんな感じで、まさにゲームそのものですね。これなら小学生も楽しく取り組めそうです。

f:id:peppersack:20171126235913p:plain

ゲームという形式ですが、学研自体が70年の歴史を持つ老舗教育会社なので、ドリルの質も安心です。

ゲーム代わりに楽しく勉強ができて、学習習慣も身につくので一石二鳥。

なにより月額500円ということで、塾や通信教育とも比較にならない程の安さです。もちろん、追加料金などもありません。

最初の月は無料で使うこともできるので、お試しで使ってみて検討してみてもよいでしょう。

全サービス初月無料!【学研ゼミ】

 

今はもう塾しか無かった時代とは違い、学研ゼミのようなタブレットやパソコンで効率的に楽しく学習できるサービスが増えてきています。

塾に通う時間や費用、子どもが塾通いから勉強嫌いになる懸念を考えると学研ゼミのようなサービスはメリットが大きいサービスといえるでしょう。

盲目的に「塾に通わせる」のではなく、ぜひさまざまな選択肢の中から子どもにあった学習方法を選んでみてくださいね。