アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

今日から定時退社しよう!半年間定時退社をして気づいたメリット

f:id:peppersack:20171109233528p:plain

こんにちは、アロイです。

あなたは今、定時退社ができていますか?

最近は働き方改革が叫ばれていますが、まだまだ残業続きの人はたくさんいます。

私も以前は「21時以降に帰るのは当たり前、日付が変わるまで仕事をしていた」という時期もありました。

でも、現在はほぼ毎日定時退社しており、毎日家族と一緒に晩ごはんを食べています。仕事がシステムエンジニアなので、中には突発的な残業が発生することもまれにありますが、それでもほぼ定時に帰っています。

そんな定時退社の生活を半年間続けていると、残業続きの生活をしていた時には気づかなかったことが見えてきました。

そこで、今回は半年間定時退社をして気づいたメリットについてご紹介します。

▽スポンサードリンク

 

 

定時退社をするメリット

仕事が速くなる

ずばり、定時退社を続けると「仕事が速く」なります。

これはなかなか理解してもらえないことが多いのですが、定時退社と仕事の速さには密接な関係があります。

どういうことかというと、例えば夕方6時が定時の場合、定時退社を意識していると「6時までに仕事を終わらせないといけない」という気になります。

この意識が大切なんですよ。

「残業」という時間のバッファがあると、人間どうしても甘えてしまいがちです。しかし、「定時までに仕事を終わらせる」と頭のスイッチを切り替えて仕事に取り組むと、「どうすれば定時内に仕事を終わらせられるのか」ということに頭がフル回転するようになり、自然に段取りがよくなります。結果、仕事が速くなるのです。

私も、定時退社を実行しようとしてから、仕事の効率が1.2倍程度にはアップしたように感じます。

自分の時間が増える

そして、自分の時間が増えます。これは嬉しいメリットですよね。

例えば6時が定時で通勤時間が1時間なら、7時には家に帰ることができます。就寝時間が夜11時とすると、4時間は自分の時間!

それだけあれば、たくさん好きなことができますよね。ゲームをしたり、勉強をしたり、映画を見たり。

デートをしても、たっぷり時間がとれますよね。

残業をしていると、こんな自由時間はなかなか取れません。

(家族がいる場合)家族との時間が増える

家族がいると、家族と過ごす時間を増やすことができます。

私の場合、以前は夜遅く帰ることも多かったので、最初の子どもが小さい頃はほとんど子どもに平日会うことができませんでした。

起きている子どもに会うのは週末だけ。それだけしか会わないから、育児スキルも全然上がらない。オムツを替えるのはもたつき、哺乳瓶のミルクはどうやって作ったらいいか分からない。家事は時間が無いからほとんどできない。
父親としてかなり情けない状態でした。

それが、定時退社が出来ている現在は、毎日子どもと会話をし、お風呂に一緒に入り、洗い物や洗濯ができます。妻から「助かる」と言ってもらえますし、夫婦関係も以前より良くなりました。

最近3人めの子どもが生まれましたが、毎日子どもと触れ合っているので、乳児でも大体の育児はできます。できないのは授乳ぐらいです(男だから当たり前ですが)。

定時退社をしていれば、家族とのかけがえのない時間を満喫することができるんですよ。

健康でいられる

残業続きだとあまり気づかないかもしれませんが、かなり疲れて急に体調を崩したり、「鬱一歩手前」のような状態になってしまっていることがそれほど珍しくありません。

私の周りにも残業続きで急に入院した人や、心の病気になって戻って来なくなった人を何人も見ました。

かくいう私も前職では22時前後まで仕事をする日々が続き、ストレスも重なったことで心の病気になって数ヶ月会社を休職する事態になってしまいました。

定時退社をしていると、少なくとも身体の負担については軽減されます。自分の時間もできるのでストレス発散もできますよね。

メリットというよりは「残業によるデメリットの解消」にあたるのですが、健康でいられるのは良いですよね。

「定時になれば仕事のストレスから解放される」というのはいいものですよ。 

まとめ

定時退社をしていると

・仕事が速くなる

・自分の時間が増える

・家族との時間が増える

・健康でいられる

というメリットがあります。

 

私はかれこれ半年間定時退社を続けていますが、

 

マジで幸せ

 

です。

とはいえ、まずは自分の意志で「定時退社をしよう!」と行動を始めないといつまで経っても定時退社はできるようになりません。

「周りが残業しているから。。」と流されずに、仕事が終わったらサクッと定時退社していきましょう。

~どうしても定時退社できない場合~

上司の指示や業務量の多さなどで、どうしても定時退社ができない、、というケースもあるでしょう。

そういう時は、さっさと見切りを転職した方がいいですよ。

私も「半年定時退社している」と述べましたが、前職の環境では到底定時退社はできませんでした。現在の会社に転職してから定時退社ができるようになったんですよ。

転職をする場合は、マイナビエージェントのような転職エージェントを使うと自分にマッチした求人を探して面接のセッティングまでしてくれるので、転職活動がしやすいですよ。私も実は転職エージェントを利用して転職し、定時退社生活を満喫しています。