アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

【動画付】ロジクール M220:静音マウスレビュー

f:id:peppersack:20170910225828j:plain

 

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

マウス・キーボードメーカーとして信頼性の高いロジクール(Logicool)のマウスの中でも低価格帯かつ静音設計を両立したマウス「M220」をしばらく使用してみました。

なかなかコストパフォーマンスに優れたモデルだったので、レビューしてご紹介します。

 

▽スポンサードリンク

 

 

静音性はGood!ホイール音はするが許容範囲

※↑クリックorタップすると再生します。

左が通常のマウス。右が今回の静音マウスM220です。

カチカチというクリック音はほとんどしません。静かな場所でクリックすると、「コトコト」という音が若干する程度でしょうか。響く感じは全くないので、オフィスなどで使用して迷惑になることはないと思います。

ロジクールによると、クリック音に関しては通常マウスの約90%のノイズキャンセリングを実現しているということで、その静音効果は確かです。

静音ながらクリックした感触はしっかりとあるので、通常どおりのマウスの感覚で使えます。

ただ、iBUFFALOの静音マウスBSMBW28Sもそうでしたが、ホイール音は静音設計ではなく、普通に聞こえます

 

とはいえ、ホイール音はクリック音に比べそれほど響くものでもないので、低価格帯のマウスとして見ると許容範囲かなと感じます。さすがに間近でホイールをギュルギュルやることは無いでしょうから。

 

標準的なマウスとしてはまずまずの使い心地

f:id:peppersack:20170913230649j:plain

静音性能を抜きにして考えても、シンプルで標準的なマウスとして使い心地はまずまず良い感じです。

 

f:id:peppersack:20170913231209j:plain

適度なカーブで持ちやすくなっており、ワイヤレス接続の感度ももたつくことはまずありません。このあたりは低価格モデルとはいえ、さすがのロジクールクオリティというところでしょうか。

 

f:id:peppersack:20170913231301j:plain

電池は乾電池を採用しており、購入時には1本付いています。

また、電池1本で最長で18ヶ月使用できるということと、スイッチがONの状態でも使用していない時はスマートスリープモードで電池の節約ができるようになっています。マウスのスイッチは切らないという人も多いでしょうから、これは嬉しい仕様です。

ただ、「まずまず」といえるのはあくまで「標準的なマウス」という枠の中での話です。

左右クリックとホイールのみのシンプル設計のため、当然高機能マウスに見られるような多機能性はありません。また、どちらかというと小型のマウスになるため、手が大きい人やガッシリと持ちたい人には物足りなさが残るでしょう。

そういったヘビーな利用を求める場合は、高機能なマウスのほうが良さそうです。

とはいえ、M220は、低価格帯のマウスの中ではマウスとしてのクオリティ・静音性を兼ね備えたコストパフォーマンスの高いモデルといえます。

静音マウスをとりあえず欲しい、という方には間違いなくオススメできるモデルです。

 

 他の静音マウスはこちらの記事もオススメです。

www.alloylog.info