アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

【社畜】パソコンの性能向上に伴う生産性向上が軽視される件【SE】

f:id:peppersack:20170209224015j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

会社で仕事をしていると、「生産性を上げるように」とか「能率を上げて残業抑制するように」とか言われることありませんか?

私の場合はSEなので

・ツールを作って作業を自動化する

とか

・会議時間を短くする

とか

・ミス(バグ)を減らす

とか。

そんな感じのことをよく言われます。

要するに「工夫しなさい」ってことですね。それはそれでもっともだとは思います。

しかしながら、1日中パソコンで仕事をしているのに軽視されることがあります。

それはタイトルにも書いた

「パソコンのスペックを上げる」ということです。

これは本当に会社から嫌がられます。挙句の果てには「マシンが壊れてないなら緊急性が低いと判断します」とか言われました。そーっすか。

 

パソコンのスペック向上で生産性が向上する?

それでは、パソコンのスペック向上に伴って生産性が向上するのか考えてみます。

スペックといってもいろんな軸がありますが、ここでは「速さ」を基準にします。なぜ「速さ」なのかというと、パソコンを使っていると大小待ち時間があります。

パソコンを起動する時間、ブラウザを開く時間、Excelファイルを開く時間、シートを移動する時間。結構ありますよね。

塵も積もれば山となる。この待ち時間が生産性を阻害する要因として仮定した場合、

 

パソコンが速く待ち時間が少ない=短時間で作業が完結する

 

という方程式が成り立ちます。

私の経験では、頭の回転が速い(=仕事ができる)人ほどこの方程式がハマります。大体頭で考えるより手を動かす方が遅いです。さらに、パソコンの待ち時間が発生すると、手が止まります。すると思考が止まります。結果生産性が落ちます。

頭の動きに手とパソコンが速く付いてくれば、それだけ速く仕事ができるのです。というよりは、手を止めずに仕事ができます。

 

例えば10秒の作業で1秒のパソコン処理(待ち)時間が発生していたた場合、

10分の作業で1分の待ち時間が発生。そうすると10時間では1時間の待ち時間が発生することになります。

8時間勤務としても、1時間弱の待ち時間が発生するのです。(一日中パソコン作業の場合)

 

生産性がどれほど向上するのか

パソコンの速さに直接影響する代表的なパーツとしては

・CPU

・メモリ

・ストレージ

があります。

 

ここでちょっと昔話。私が新卒で渡されたPCはCPUがCeleronのシングルコアでした。今でも覚えています。パソコンの起動に10分。デスクトップが表示されてから全てのサービスが起動して落ち着くまで5分。つまり席についてから仕事が開始できるまでに15分かかります。

そして、Javaの開発をしており、ローカルでTomcatサーバを立てていました。モジュールのビルドとサーバの再起動に1回5分ぐらいかかっていました。トイレ行って帰ってきてもまだ再起動しています。おわんねー。これを製造中は一日何度も行います。

隣の先輩のPCがCore2DuoのPCで、30秒ぐらいでビルドと再起動が終わっていたのを羨ましく見ていたものです。

 

話が横道にそれました。CPU、メモリが貧弱だとそれだけ待ち時間が発生します。ストレージに関しては、HDDよりもSSDの方が劇的に速いですね。SSDに慣れるとHDDの遅さにストレスを感じるようになります。でも「よっしゃ、全マシンをSSDに換装するぞ!」なんて話はあまり聞きません。

 

また話が横道にそれました。要はCPU、メモリ、ストレージにこだわるとそれだけのスピードアップが期待できます。

先程の例で、パソコンをスペックアップしてすこぶる快適になり、1日1時間の作業時間削減ができたとしましょう。そもそも残業している場合は残業時間が減ります。早く帰れますね。

1日1時間削減できるとすると、年収400万円(稼働時間残業込180時間ぐらい)のリーマンの場合、1時間あたりのコストは

4,000,000÷12÷180=1,852円です。(本当は間接経費とかいろいろあるからもっとかかる)

1ヶ月20日間で20時間削減できると、1,852✕20=37,040円になります。

1ヶ月で37,040円、12ヶ月で444,480円です。削減額がですよ。

そうなると、スペックアップしたパソコン代金なんて楽勝でペイできます。

社員の健康上もいいですね。労務上も望ましい結果に。ウッハウッハー。

 

上記は荒い計算式で実際にはそこまでヒトのパフォーマンスが出ないかもしれません。しかし、パソコンの待ち時間が生産性を阻害する要因として結構大きいというのは肌感覚として感じます。これをカイゼンすれば!全部のPCを高スペックPCにすれば!そうすると!!!

生産性向上できますね!!!凄い!!!!!

 

とはならないんだよなあ。

「壊れてないでしょ」

あ、はい。うーんそれならムダな飲み会とか減らせばあいやなんでもありません。

 

以上、勢いで書いてしまいました。お付き合いいただきありがとうございました。