アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【動画付】ロジクールK120:コスパが良い静音キーボードレビュー

f:id:peppersack:20170206231151j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

静音設計のキーボードはいくつか種類があるのですが、ロジクールのK120は安価でしっかりしていて安っぽさが無いというコストパフォーマンスバツグンの静音キーボードです。

購入してしばらく使ってみましたのでご紹介します。

※主に仕事場で使っています。

▽スポンサードリンク

 

 

静音設計:カチャカチャしない

※↑クリックorタップすると再生します。

 K120は通販だと1000円台で購入できる安価なキーボードです。しかし、安いキーボードにありがちなチープなカチャカチャ音が非常に少ないです

無音というわけではありませんが、「スコスコ」という響きにくい音。安価なキーボードの中でも、静かにタイピングができるモデルです。

繰り返しますが、無音ではないです。強くタイピングするとそれなりに音はします。しかし、安価キーボードでこの静音性はGoodポイントです。

ほどほどの打ちやすさ

f:id:peppersack:20170206234204j:plain

 薄型で静音設計なので一見打ちにくいように感じますが、実際にタイピングしてみるとそれなりに打鍵感(打った感触)はあります。ただ、若干浅めなので深めのストロークが好きな人には少し物足りないかもしれません。

あまり強くタイピングすると手に負担がかかるので、軽めのタイピングが向いています。

FやJのキーは浅くなっているなど、自然にタイピングしやすいつくりになっています。

薄型キーボードとしては、ほどほどに打ちやすいキーボードといえます。価格を考えると、なかなか良いのではないでしょうか。

角度調節機能はちょっとチャチ

f:id:peppersack:20170206234310j:plain

角度調節用のレッグが付いていて、角度をつけることができます。おそらく、ほとんどの方は使うことになると思います。

角度自体はしっくりきて問題ないのですが、レッグが少しチープな印象です。固定の場所に置いている場合は問題ありませんが、何度も持ち運びする場合は折れないように注意しておいた方がよいかもしれません。

その他の特徴

有線

有線ですが、個人的にはこの価格なら頑張って無線にする必要もないかなと思います。

耐水性有り

最大60mlの水なら大丈夫です。60mlなので、「少しこぼした」程度なら大丈夫という感覚ですね。ラーメンを全部キーボードにぶちまけた場合は諦めた方がいいかもしれません。

薄型で軽い

550gという軽さで薄いです。

高耐久性

1000万回のタイピングにも耐えます。キーにより比重は異なりますが、1日1万回ストロークしても1000日(約3年)持ちますね。

3年間の無償保証付き

3年間(長い!)の無償保証付きです。ここはさすがはロジクールです。

総評:コスパは非常に良い静音キーボード

シンプルなキーボードですが、価格の割には静音設計打ちやすいと、なかなかコストパフォーマンスに優れています。

「打ちやすくて静かなキーボードがとりあえず欲しい」という場合にオススメできるキーボードです。

 

他の静音設計のキーボードはこちらの記事もオススメです。

www.alloylog.info