アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

ランサーズのスキルテスト:「ライティング(基礎)」を受けてみた

f:id:peppersack:20160919225916p:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

 ランサーズ で引き続きライティング関連プロジェクトの提案を続けています。

www.alloylog.info

 世間は3連休ということもあり、おそらく明日以降からいろいろと動き出すことになりそうです。

さて、今回はプロフィールの充実とスキルチェックのため、ランサーズの「スキルテスト」を受けてみましたのでご紹介します。

 

▽スポンサードリンク

 

ランサーズのスキルテストを受けてみた

スキルテストとは?

ランサーズが実施している無料で特定技能のスキルを判定するテストです。

受けることで次のようなメリットがあります。

・自分の実力(スキル)を客観的に判断することができる。

・プロフィールに載るので、クライアントがランサーを選定する際の参考指標になる。

単純な「合格・不合格」だけではなくどれだけのスコアが取れたかも確認できます。そのため、英語でいうところの「TOEIC~点でした」というイメージですね。

今回僕が受験したのは「ライティング(基礎)」ですが、「デザイン」や「プログラミング」といった種類のテストもあります。

一度受けたら2週間後に再度受験することができます。

僕の場合、タスクでの実績はあるもののプロジェクトの実績が乏しいです。そのため、少しでも自分のスキルをアピールしていくためにこのスキルテストを受けてみました。テストの結果が悪い可能性もありますが、合格点に達しない場合はプロフィールに表示されないそうです。なので気軽に受験することもできますね。

スキルテストを受けてみた

スキルテストの受け方について。

ランサーズ マイページの下部「フリーランストータルサポート」をクリックします。

f:id:peppersack:20160919161306p:plain

 画面をスクロールすると「スキルテスト」という項目があるので、「スキルテストを受ける(無料)」をクリックして受けたいテストを選択するとテスト開始できます。

f:id:peppersack:20160919161643p:plain

制限時間45分のテストですが、僕は30分程度で完了しました。気になる結果は。。

f:id:peppersack:20160919223942p:plain

無事合格しました!合格スコアが60なので、絶対的な指標で見ると「まあまあ」というところでしょうか。

実際受けてみると、「これライターやるなら確かに知っとかないとまずいだろうなあ」と頷くような良問が多かったです。テストを受験しながら「あ、これ知らないけど覚えとかなきゃ。あとで調べておこう」と思った問題もいくつかありました。

合格すると、プロフィール欄に載ります。アロイも載りました。やったね!

f:id:peppersack:20160919224453p:plain

実際見てみると、平均よりちょっと上…という感じなので、強いアピールにはならないかなあ、という感触。でも一定の知識レベルを示すことはできたので、やって良かったと思っています。

また再勉強してリベンジします!成績が良いと「上位○○%」という形で表示されるので、そうなったら良いアピールになりそうです。ゲーム感覚でいいですね。(ズルはだめですよ!)

まとめ

顔が見えないクラウドソーシングでの仕事だからこそ「この人に依頼してみたい」と安心して依頼できる、というのは大切なことです。

プロフィールを充実させていくことはその安心を提供する一つの手段ですね。スキルテストは標準的な指標で示されるので、文章でのアピールにありがちな「誇張」はできません。

そういう意味でも自分の実力を正しく示す(あくまで参考レベルではありますが)指標になるので、積極的に受けてみてはいかがでしょうか。