アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

子育てパパの飲み会断り方5選

f:id:peppersack:20160910111942j:plain

 

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

会社の付き合いの飲み会って子育て世代にとっては天敵なんですよね。。

家事育児にただでさえ忙しく自分の時間も無いなかで「ちょっと飲み」なんて

 

マジ勘弁して

 

という状態になります。

僕の場合、飲み会に行くと帰ってこれるのは早くても23時。妻は子どもの寝かしつけなどで疲れきっているので、僕がそこから洗濯物をたたんだり食器洗いをしたりします。

もうしんどいしんどい。妻からは「飲み会ばかり行って」と小言も言われる始末。

最近は飲み会断りまくって健全な生活ができるように務めています。

そこで、今回は子育て世代の飲み会の断り方をご紹介します。参考にしてみてください。

 

▽スポンサードリンク

 

 

子育てパパの飲み会断り方5選

1.妻が外せない飲み会なんです

パートナーにとって大事な飲み会がある、と言って断る方法です。子どもがいるので、「あ、子どもの面倒みなきゃいけないんだな。」と察してくれるはずです。

あんまり頻繁には使えない方法ですけどね。。よっぽどの理由が無いと断れそうにないケースで有効です。

 

2.子どもをお風呂に入れる必要があるんです。

乳児や幼児がいる場合に使える方法です。

子どもをお風呂に入れるのって大変ですからね。洗うだけなら1人でできても、体を拭いてあげたり服を着せたり、自分のお風呂はどうするの?というところまであります。実際、お風呂は大人2人いた方がラクなんですよね。

ただし普段遅くまで残業している場合、全く説得力が無いことに加えて怪しまれる可能性があるので注意してください。「いつもお風呂入れてないだろ!」と思われちゃいますよ。

 

3.お金がないんです。

 「払えないので行けません。」

一見有効に見えますが、これは諸刃の剣です。

なぜなら、「じゃあ今回はおごってやるよ」というありがたいお言葉を頂いてしまう可能性があります

そうなったら、断れませんよね。しかも申し訳無さMAX。

この理由で断っている人をよく見かけますが、僕はあまり使っていません。

 

4.家事育児が大変なので帰ります。

結構本音かつ正直な理由です。相手が家事や育児に理解がある人の場合は普通に分かってくれると思います。

使うタイミングとしては、「あらかじめ予定されている飲み」ではなく、「当日急に発生した飲み」のようなケースで使うのがいいでしょう。

今日は家でやらなきゃいけないことがたくさんある…という雰囲気を醸し出すのがポイントです。

 

5.時間のムダです。※タイミング注意※

キターー!これこそ本音。僕がいつも言いたいと思いながら言えずにいる一番の本音です。

飲みに行ったら2~3時間は平気で拘束されるんですよね。。でも得られるものは少なく、帰って待っているのは家事育児に疲れ果てた妻と残った家事の山。

うーん、やっぱり飲みの時間ムダです。時間返せ。

ただし、言った場合にどうなるかは分かりません。良いように考えると、人間関係が断捨離できるかも。

ご利用の環境に合わせてお使いください。

 

まとめ

いかがでしょうか?飲み会の断り方をご紹介しました。

ちなみに、僕がよく使うのは1,2,4あたりです。状況により使い分けています。

参考にしてみてください。