アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

夫のどんなところにイライラするのか妻に聞いてみた

f:id:peppersack:20160903001532j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

僕は結婚して7年が経ちます。それなりに結婚生活は長いつもりですが、なぜか毎日なにかと妻をイラっとさせているようです。

僕の行動とかしぐさとか、ちょっとしたことでイライラスイッチが入っちゃうようなんですよね。

なので、妻にどんなところにイライラするのか聞いてみました。あなたもイライラされているかも。。。。

 

▽スポンサードリンク

 

 

夫のイライラするところ

臭い

臭いんですって。。。

会社帰り、「ただいまー」と帰ってリビングに入ると

妻「クサッ!」←ここでイライラスイッチオン!

アロイ「( ̄□ ̄;)!!」

ここでもう家庭に居場所は無くなります。。。ここ数年は加齢臭なのか、独特の臭いがあるみたいです。。昔はあまり言われなかったのになあ。

「臭い」と妻がいつも言うものですから、娘も「パパくさーい」と喜んで言っています。配達に来たおじさんに「うちのパパめっちゃくさいんよ!」と言いふらす始末。

娘よ。父は悲しいぞ。

 

ワタシ、ナニカシマシタカ

 

言い訳が多い

妻「ここなんで片付けてないの!?」

アロイ「え?あ、やろうと思ったんだけど、いろいろ忙し・・」

妻「言い訳するなー!」←ここでイライラスイッチオン! 

アロイ「(しまった!やろうとおもった、は禁句だった!)」

アロイ「(これはしばらく機嫌は収まらないorz)」

アロイ「すみませんでした<(_ _)><(_ _)><(_ _)>」

妻「謝るんだったら最初から言い訳しないでくれる?」

アロイ「はい!」

 

こんなやりとりが積み重なった結果、「言い訳が多い」は僕の短所となったのでした。

結論:言われたことはすぐやりましょう。

 

家事や育児でなんか抜けてる

「これなんで見てて気づかないの?気づいたらやっておいて」←イライラスイッチオン 

これもよく指摘されます。

ちょっとよく分からないかもしれませんが、「それ、なんで気にならないの?」という観点です。

例えば

・お湯が沸いているのに止めない。

・子どもが眠そうにしているのに寝かしつけない。

・机が散らかっているのに片付けない

という感じのことです。ちょっとしたことなんですけど、妻から見ると「気づいたら普通やるでしょ」という何か抜けている感じのこと。いやはや、ごもっともです。

僕も家事や育児はやることの最優先の優先順位で取り組んでいるつもりですが、まだまだ甘いようです。イクメンの道は遠いですねー。

 

子どもが夜泣きしても起きない

朝起きた時に言われること。

妻「よく寝れた?夜子どもが泣いても全然起きなかったもんね。」←言葉にトゲがある(;´Д`A ```

アロイ「(え。。。って言ってもこっちも2回起きて子どもにミルクあげたし。。その時あなた起きなかったでしょ。 と言いたいが)」

アロイ「あ、昨日夜泣きしてたんだ。眠いのにありがとうね。」

妻「あー眠い。」

アロイ「orz」

 

「夜泣きで旦那が起きない」というのはどこでも聞く話ですね。でも起きれないんです。これはすみませんとしか言いようがありません。でもたまには起きているんですよ。

奥様方「たまにでしょ」

アロイ「すみませんでしたorz」

 

クサイ

あれ、さっき聞いた気がする?気にしない気にしない。カタカナだし。

僕が昼寝したあとのソファーに座った妻が一言

妻「このソファーお父さん臭がする!ここで寝たでしょ!!」←ヒートアアップ!

アロイ「寝ました( ̄Д ̄;)」

 妻「臭いのよ!」

アロイ「すみません!」

 妻「(シュッシュッシュ)」←ファブリーズを全力でソファーにかける

アロイ「」

 

僕が接触したものは臭くなるのでイライラするそうです。グスン。最近は朝シャンなどもして、一定時間おきにデオドランドペーパーで体を拭くようにしています。多少は抑えられていると思いますが。。はて。

 

まとめ

改めて聞いたところ、まあいつも言われているようなことでした。それなりに反省もしているのですが、なかなか直らないものもありますね。

でも真面目な話、妻が気づいてくれるので、外に出るときに気をつけることができる、と言うのはメリットです。

例えば臭いなんて、妻が指摘してくれなかったら周りに迷惑をかけまくっていたかも知れません。仕事中言い訳ばかりしてたら信用なくしますしね。そう思うと、ありがたいことでもあるんですよね。

へこまずなんでもプラス思考に考えましょう。うちの場合は「内助の功」です。