アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

在宅勤務でお金が貯まる5つの理由

f:id:peppersack:20160830000751j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

 

僕は何年もサラリーマンでオフィスに通勤していますが「もし在宅勤務だったらかなりお金が貯まるチャンスがあるなあ」と考えています。

もう在宅勤務に切り替えるだけで、無駄な出費が減っていくなあと。夢が広がりんぐ。

なぜ在宅勤務に切り替えると無駄な出費が減りお金が貯まっていくのかを解説します。

▽スポンサードリンク

 

 

在宅勤務でお金が貯まる5つの理由

1.食費がかからない

 家でご飯を食べることになりますので、大きくお金を使うことがありません。

例えば、晩ごはんや朝ごはんの残りを使えばほとんど新しい食費は発生しませんし、カップ麺を食べたところで食費は知れています。

これが通勤していると、外食だったりコンビニ弁当だったりと、かなりの金額が食費に消えていく。

僕は弁当を持参しているのでそれほど大きな食費はかかっていませんが、たまにお弁当用意できない時があるんですよ。。。。妻が寝てたり疲れていたりして弁当が無いときがあるんです。そんなときは外で買うので、やっぱりお金がかかりますね。

自宅で自炊ができるというのは、無駄にお金を使わなくてすむ大きなメリットです。

 

2.飲み会に誘われない

面倒な仕事の飲み会ってありますよね。「誰々が来たから歓迎会しよう」「帰りに1杯どう?」

1回参加すると数千円が飛んでいきます。2~3回で大体1万円を超えるぐらいでしょうか。

これがまさに無駄な出費です。「とりあえず飲み会」という日本の困った文化。

でも在宅勤務だったら、そんな誘いから離れることができます。

月2~3回の飲み会が無くなると、それだけで1万円以上出費が削減できます。

 

3.交通費がかからない

自転車や徒歩の場合は別ですが、 車や公共交通機関を利用する場合は交通費がかかります。

在宅勤務だと単純にその交通費がゼロになっちゃいます。う~ん、なんで通勤しているんだろ。。

 

4.被服代がかからない

オフィスに出勤していると、被服費用がバカになりません。

例えばスーツ。1着上下で数万円します。僕は安いスーツを探して買っていますが、それでも1万円ほど。

それだけじゃなく、ネクタイやタイピン、革靴にワイシャツと揃えるものが多いんですよ。スーツはクリーニング代もかかります。

上記は男性のケースですが、女性でもきちんとした身なりをしようとするとそれなりにお金はかかりますよね。私服とは別で。

お金を稼いでいくためにお金を使うんですよね。よく分からない状態です。

これが在宅勤務だと、私服でいいんですよね。だから余計な被服代がかからない。素晴らしいです。僕の場合は妻がセールで服を買うのがうまいので、Tシャツが100円、ズボンが300円です。上下で500円かかっていません。

 

5.保育所の延長料金がかからない

 共働きで子どもを保育所に預けている家庭によくある話なのですが、例えば18時など決まった時間を過ぎると、保育の延長料金がかかるシステムというのがあるんです。延長保育というやつですね。

これはこれでとっても助かるのですが、やっぱり早く子どもを迎えに行ってあげれば発生しないお金です。

通勤して勤めていると、ちょっとの残業で迎えが遅くなってしまう。お金は発生するわ、子どもは寂しがるわ。あれ?通勤しないほうがいいんじゃ・・・。

 

在宅勤務で稼いでいく方法

在宅勤務とはいっても、その形態はいろいろあります。ここでは、<自力でネットで稼いでいく方法をご紹介します。

 

クラウドソーシングで稼ぐ

インターネット上で仕事を請負い、稼いでいくという方法です。

ランサーズやクラウドワークスが実績がありオススメです。

システム開発やデザインをやっている人は、そういった専門の案件が多くありますので、スキルが高い人ほど仕事には恵まれると思います。 

スキルが無い、という方もライティングから始めてステップアップしていくこともできますよ。

実際、クラウドソーシングだけで食べている人もいるんです。

例えば、ライターの吉見さんとっとこランサーさんはランサーズで未経験からライターを始めていますが、現在はどちらも月収50万円を超えており、第一線で活躍されています。

 

ブログで稼ぐ

ブログを書いて稼いでいく方法です。

GoogleAdsenseなどのクリック型広告や、A8.netなどのアフィリエイトASPを使って収益を確保していきます。

プロブロガーとしてブログだけで生計を立てている人もいらっしゃいます。成果が出るのにはとっても時間がかかりますが、ブログで食べていくっていうのは夢がありますよね。

 

まとめ

ということで、在宅勤務をしてお金を貯めていきたい、と夢見ているお話でした。