アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

【小学生】無料のちびむすドリルと激安スタディサプリで塾は不要

f:id:peppersack:20160827010714j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

 

皆さんは小学生の頃「塾」って通っていましたか? 

僕(アラサー)が子どもの頃は、公文式などの塾が多くあり、当時塾に通うのは当たり前の光景でした。おそらく同級生の半分以上は塾に通っていたんじゃないかと思います。

当時はインターネットもなかったですからね。家で勉強できない→「それなら塾」という考えがまかり通る時代でした。

「とりあえず塾。」なんだそれ?って感じですが、昔はそれが普通だったんですね。

www.alloylog.info

 

でも、今はもうインターネットが普及して家でも良い情報が手に入ります。つまり、教材だって手に入る時代。昔とは勉強のバックボーンが違うんですよね。

無料で取り組める教材、有料でも昔では考えられないぐらい安い教材が今では手に入る時代になっています。

2つのサービスをご紹介しますので、塾に入ることを検討する前に、見なおしてみてはいかがでしょうか。

 

▽スポンサードリンク

 

 

無料でドリルがダウンロードし放題の「ちびむすドリル」

f:id:peppersack:20160826235259p:plain

公式サイト

先日も記事でご紹介しましたが、「無料ドリル」として素晴らしいコンテンツです。印刷して使うドリルがPDFでダウンロードできます。

国語と算数が充実していますね。漢字や計算は反復学習が大事なのでGoodです。

例えば、小学5年生の国語。プリント数半端ない。

f:id:peppersack:20160827000454j:plain

次に算数。分野別によくまとまっています。苦手な分野を重点的にやれば効果がありそうです。

こちらは分数の内容ですが、小学5年生の分数だけで6分野もありました。プリント数にして40枚弱!ひぇ~。もう一度言いますが分数だけでです。すごい分量です。

f:id:peppersack:20160827000633p:plain

見た感じ、とてもシンプルな構成で「淡々とドリルをして力をつけていく」のに良さそうです。以前も書きましたが、PCとプリンタがあればドリル買わなくていいですよ。。。

一度解いたプリントもまた印刷すれば反復学習できます。購入するドリルではできない利点です。

 

うちの娘(年長)も算数を今頑張っていますが、今のところ楽しんでやっているようです。

「パパ、またプリント作って。また解きたい」なんて嬉しいこと言ってくれます。幼児~就学頃のドリルは「見やすく、取り組みやすい」のが特徴。年次に合わせて特徴が変わっているのもいいですね。

 ↓こちらは先日の記事です。l

www.alloylog.info

 

月々980円で一流授業動画が見放題の「スタディサプリ」

授業・ドリル・ゲーム要素が詰まったWEBサービス

スタディサプリの目玉がなんといっても「動画の授業」です。

一流の講師授業を動画で見ることができます。

結構な量の動画がありますが、僕のオススメの使い方は、「苦手な分野の授業を見る」という使い方です。全て見るのは時間も掛かり過ぎるのでオススメしません。

例えば、「分数のかけ算と割り算のやり方がよくわからない」といった場合。こんな時は、いくらドリルを解いたところで解けるようにはなりません。

そんな場合に、「分数のかけ算」や「分数の割り算」の授業を見て勉強するのがよいと思います。学校の授業と違って、何度も授業を見直すことができるので、分かるまで授業を受けることができます。

また、WEB上でドリルを解くこともでき、間違った問題を後で復習できるシステムになっています。

モンスターを育成する、というゲーム要素もあり、勉強すればするほどモンスターを育成していくことができます。子どもにはやる気になりやすい仕掛けですね。

子どもの学習履歴を親が確認することもできるので、親にとっても安心です。

 

塾に通うことを考えると、比較にならない安さ

これだけ使えて費用は月々980円です。年間で12000円弱。

塾だと1教科で月々数千円かかり、2教科以上で通う場合それだけで月々1万円を超えてしまいます。そう考えると、比較するのがナンセンスなほどの安さです。

 

【注意!】親が教える必要は無いが、サポートは必要(と思う)

素晴らしいサービスですが、子どもが自分だけで取り組もうとすると、何からやっていいか分からない状態に陥ってしまう可能性も高いです。最悪の場合、1から全てやろうとして、取り組む必要のないところまでやって挫折してしまうことも考えられます。

そのため。子どものテストを見たり、話しあったりしてどこが苦手なのか、どういう風に勉強を進めていくのかはアドバイスしてあげた方がよいと思います。

例えば、「分数あまりできてないから、分数の授業見るといいかもね」のような形で行動を後押ししてあげるようなアドバイスです。

「これをやりなさい」とまで指示して押し付けるのは子どもにとって逆効果ですが、上手く子どもの学習を一緒になってナビゲーションしてあげるととても良いサービスだと思いますよ。

 

最初の1週間は無料で登録できます。

スタディサプリで80%の人がテストの点数が上がり、84%が苦手克服できたそうです。-スタディサプリ公式HPより

1週間トライアルということで無料登録をして使うこともできるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

※注意点:スタディサプリ小学講座は小学4年~6年生が対象です。小学1~3年生用のコンテンツは無いので、ご注意ください。(2016/08時点)

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料