アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

非喫煙者がイラッとする喫煙者の行動5選

f:id:peppersack:20160721225827j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

喫煙者の皆さん、今日もタバコ吸っていますか?

喫煙者の方々を見ていると、一部でとても「イラッ」とする行動を目にしてしまうことがあります。

それでは、どのような行動にイラッとしてしまうのかご紹介します。あなたも実は言われないだけでイラッとされているかもしれませんよ。

 

▽スポンサードリンク

 

 

非喫煙者がイラッとする喫煙者の行動5選

1.歩きタバコ

火がついたタバコを持って歩いている方!多いですね~。全く周りのことを考えてないですよね。ザ・傍若無人。

僕が通勤しているところはオフィスも幼稚園もあります。で幼稚園児が通園で歩いているにも関わらず歩きタバコをしているお兄さん、おじさんがたくさんいるんですよ!

子ども達に当たったらどうするんでしょうね。また、副流煙も撒き散らしているわけですが、周りの人がその煙を吸っていることはどう思っているんでしょう。。

歩きタバコは条例で禁止されている自治体もありますが、条例有るなしに関わらず、迷惑・危険行為なのですぐにやめましょう

ちなみに僕はタバコの煙がとても苦手なので、歩きタバコをしている人がいたらわざわざ道路の反対側に移動しています。吸いたくないので。チキンなので直接言えないのも損をしているところではありますが。。

2.タバコのポイ捨て

歩きタバコや車からのタバコのポイ捨て!これもよく見かけてイラっとします。

皆さん道を歩いていてタバコの吸殻を見かけることはありませんか?あれはほぼポイ捨てされたタバコです。

不思議なもので、弁当がらとか明らかに「ゴミ」と言えるものはきちんとゴミ箱に捨ててくれるんですよね。でもタバコはその辺にポイ捨て。おかしいですよね。タバコは火の危険もあるのに。

自分が出したゴミは自分で片付ける。小学校で習いましたね。え、できてない?じゃあ小学校からやり直そうか?

3.断りを入れずにタバコを吸いだす

外出したり飲み会などでよくあるパターンです。何も言わずに吸いだす方、多いですね!特に喫煙できる居酒屋だと「吸ってもOK」と暗黙の了解になっている傾向がありますね。全然OKじゃないんですが。。

一言「吸っても大丈夫?」という断りがあれば、少しは抵抗感が和らぎます。「まあ少しは我慢しようかな」という気にもなりますが。「吸えて当然」という気でいきなり吸われると、気分も悪くなります。

ちなみに僕は飲むのは好きです。飲み会は嫌いです。タバコがあるので。

4.タバコ休憩

仕事中のイラッとする行動ランキングNo.1です。仕事で相談したいことがあるのに、タバコ休憩に行ってしまう。タバコ休憩に行ったら10分帰ってこない人もちらほら。で、それは勤務時間に含まれるんですよね。給料泥棒もいいところ。

一方、非喫煙者にはそんな時間はありません。会社によっては勝手に休憩とってネットサーフィンなんてしようものなら大問題になるケースもありますよね。

これは「勤務時間の減少」「労働者間の不公平感」という立派な問題なんですよね。

禁煙を推奨している企業はこのタバコ休憩の問題に対して毅然として対処しています。素晴らしいですね。僕もこんな企業で働いてみたいです。さぞストレス減るだろうなあ。

www.alloylog.info

 

5.時間が経つとイライラしだす

「タバコ休憩」にも通じる話なのですが、喫煙者の方は、ニコチンを補給しないと上手く頭が働かないようになっています。

そのため、ニコチンが不足すると、頭が働かず、イライラするようになっていきます。これ、とっても分かりやすいんですよね。

声はとても優しそうでも、顔は少し引きつっていてイライラしている。

こちらからすると「そんなにイライラするんだったらタバコ吸わないでくれ」と叫びたいところなのですが。。なかなか思いは通じないものですね。そして仕事中タバコ休憩に行ってしまう、と。 

まとめ

ということで、タバコを吸っている限り何かしら「イラッとされている」ことがお分かりになったでしょうか。

「禁煙しよう」と思った方、おめでとうございます。今すぐ禁煙はじめましょう。

 

以下の禁煙マンガが面白かったのでおススメしておきます。