アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

結婚7年目ですが「愛してる」の意味が全く分からない件

f:id:peppersack:20160708233050j:plain

こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

僕は2009年に結婚して結婚7年目ですが、よくドラマや漫画で見る「愛している」という言葉の意味がよく分かりません。 

「愛している」って一旦何なのでしょうか?

 

▽スポンサードリンク

 

「愛している」とは何なのか?

ということで、Googleさんに聞いてみました。検索キーワードは「愛している 意味」「愛している とは」。

 

・・・検索結果確認中。

 

う~ん、よくわからん!

そもそも、「愛している」という言葉の納得できる定義が出てきませんでした。見ていると、「信頼」とか「つながり」と言ったキーワードが出てきますね。

「愛している」が「好き」より重い言葉だと言うことは分かります。

ドラマなどを見ていると、「愛している」からは

  • 大事にする
  • 一緒にいたい
  • 相手が、自分にとって二人としていない存在である。

といったニュアンスが読み取れます。

でもそれって「好き」ってことなんじゃないかな?何が違うの?

 

僕が「愛している」意味が分からない理由

僕は妻と結婚して7年になります。付き合いだしてからは10年以上経っています。

僕の妻に対する思いですが、ずばり「好き」です。付き合う前から「好き」という気持ちでいて、付き合ってからも結婚してからも子どもが生まれてからも、「好き」という気持ちは変わっていません。

もちろん、「明日は彼女に会える!やっほーい」みたいな新鮮味は薄れてきます。毎日一緒にいますからね。

でも、「妻が一緒にいてくれて幸せだなあ」っていうのは毎日思っています。子育てや家事に追われるので、心の隅でですが。

 

で、それ以上の気持ちがあるの?と聞かれると、思いつきません。

だから、「愛している」という言葉の意味がよく分からないですし、使う機会もありません。

僕はこのまま「好き」という気持ちでお墓にいけたら幸せだと思っています。そのため、「愛している」という言葉を理解する必要も無いと思っています。