アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

育児、家事に忙しい親におすすめ!自分の時間を作るポイント


「時間が無くて趣味の時間なんて取れない!」


小さい子どもがいる親にとって「自分の時間の捻出」はやりたくてもなかなかできない問題です。家事に子育てに追われているだけで、あっという間に一日は終わってしまいます。

それでも、「自分の時間が欲しい」と願っている人は多いのではないでしょうか?どうすれば自分の時間を作ることができるのか。ポイントを考えていきます。


▽スポンサードリンク



自分の時間を作るポイント


時間を作るために必要なことかを洗い出すと、以下の3点に集約できます。

  1. 睡眠時間を減らして時間を作る
  2. 自分の時間を作ることを諦める
  3. 時間の使い方を工夫して時間を作る
1は難しいようで「まとまった時間を確保したい」人にはおすすめな方法です。「短時間 睡眠」などのワードで検索すると具体的な方法が出てきますので、参考にしてみてください。終局的には、質の高い睡眠をどうやってとるか、ということに行き着くと思います。

私はあまりやりませんが、まとまった時間をとりたい場合に睡眠時間を削って時間を作ることもあります。ただし、元々ロングスリーパーなので、数日続けると体が持ちません。一時的な手段としてやっています。

2はこの記事の趣旨からすると「論外(笑)」ですが、疲れがたまった時などは真面目にこの選択をします。ただ、自分の時間を作りたいんだったら、「どうにかして作る努力をしないと絶対に時間は作れない」です。

「時間が無くて自分のことが全然できない」という愚痴をよく耳にします。

そうですね。時間を作ろうとしなかったら自分のことはできないと思いますよ。大事なのは、「自分の時間を作ろうと努力しているか」です。

話がそれましたが、3は「家事」「育児」に使う時間の使い方を見直すことで自分の時間を確保する方法です。私の具体的な時間確保の方法をこの次に記述していきます。


時間の使い方を変えて時間を作る方法


私が実践している「家事」「育児」に使う時間の使い方を変える方法をご紹介します。

家事は夜、早朝に集中してすることで日中に時間を作る


洗濯物や食器洗い、拭き掃除、作りおきできる料理などを子どもが寝ている夜や早朝にまとめてやってしまう方法です。子どもが寝ているので、育児をしながらやるよりスピーディーに家事ができます。

それだと日中は育児があるし、時間ができないのでは?と思うかも知れませんが、日中子どもがお昼寝している時間やテレビに夢中になっている時間などの細切れの時間を狙います。ここを自分の時間にあてます。

私の場合、家庭菜園やネットサーフィンが好きなので、子どもが昼寝をしている時間に家庭菜園をし、子どもがテレビを見ている隙にネットサーフィンをします。育児を決してサボるわけではないので、気はラクですよ。

また、一通りの家事もやっているので、一応イクメン(笑)に分類することができます(笑)

冗談はさておき、育児をしながらの家事は手が止まることが多いので、まとまった時間を作って集中して家事をするのは効果がありますよ。育児は育児で集中できますし。