アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

中学生の勉強法入門~塾や家庭教師は不要~


こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

中学生の皆さん、勉強していますか?

やみくもに問題を解いていても、点数は上がりません。では、点数を上げるためにはどんな勉強をしていった方がいいのか。

学生時代にやっていた家庭教師の経験と、私自身の体験から
最も押さえておいて欲しいポイント、認識しておいた方がいいポイントを記載しました。

きちっとポイントを抑えて勉強ができれば、塾や家庭教師は不要ですよ。

※なお、本来の「勉強」よりは、どちらかというと受験よりの「勉強」の視点で書いています。予めご了承ください。

▽スポンサードリンク



勉強を始める前に


知っておいて欲しいこと


「問題を解くことが勉強ではない」

一番認識しておいて欲しいことです。

点数が取れないからと言って、問題集をひたすら解いていませんか?答えあわせをして、間違った問題はそのまま、といった形で。でも、いくら問題を解いても点数はそんなに上がらないでしょう。

それは、「解ける問題が増えない」からです。成績を上げていくためには、「解ける問題を増やす」必要があります。

解けなかった問題は、「解説や教科書を読んで理解し、解説に沿って解けるようにする。その後、自力で解けるようにする」ことが成績アップの最も重要なポイント。

コレができていない人は多い。ひたすら問題を解くよりも、できない問題をつぶすようにする。解き方を体にしみこませることが大事。

そうすることで、解ける問題が増え、成績が上がっていきます

自分で教材を買う必要はある?


学校で問題集やプリントは配られているでしょうか?学校から配られている場合は、自分で問題集を購入する必要はありません

なぜなら、高校入試は教科書が出題のベースとなっているので、教科書や教科書準拠のワーク、プリントが中学の勉強の基礎です。ここを押さえれば受験を突破する力を身につけることができます。

受験前には演習目的で入試の過去問や発展問題の問題集に取り組むことは効果的ですが、日々の勉強においては、基礎をしっかり押さえておけば、入試に対応できる!覚えておいてください。

つまり、新しい教材に手を出すよりは、学校から出された宿題や定期テストの対策をしっかりやっておくほうが効果が高いんです。

新しい教材にも目移りすると思いますが、学校から配られている教材に何度も取り組んでみましょう。学校の教材なら、学校の先生にも聞き放題です。分からないことがあればとことん質問してみましょう。