アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

【Blogger】jpドメインなのにcomがindexされる理由



先日、こちらの記事

 

www.alloylog.info

 



Googleの検索結果にようやくインデックスされたページが「com」のドメインでした。

という内容を記載しました。

調べてみると、comのドメインがインデックスされた理由はBloggerのテンプレートにあることが分かりました。


▽スポンサードリンク


 



comのドメインがインデックスされる仕組み


これには、canonicalというタグが鍵を握っています。

canonicalとは、異なるURLで重複するコンテンツがあった場合に
検索エンジンに対して「このコンテンツはコピペで作ったものじゃないからここに書いたURLで統一して認識しておいてね。評価下げないでね」とお知らせするものです。

canonicalタグにてURLを記述しますが、このURLで検索エンジンに登録してもらう、ということです。

例えばBloggerで作った私の別ブログ「節約家庭菜園」を見てみると、
トップにアクセスすると、「http://ecosack.blogspot.jp/」のURLにリダイレクトされます。

そして、HTMLソースを開いて見ると、headに以下の記載があります。

href='http://ecosack.blogspot.com/' rel='canonical'/>


ここで、jpではなく、comドメインcanonicalに設定されています。
つまり、日本だとjpに、中国だとcnにリダイレクトされますが、
検索エンジンには「comドメインで統一して登録してねー。」と言っているんですね。

だからGoogleの検索結果はcomで出てくるわけですね。

統一してくれているので、SEO的には分散しなくて結果良い、ということになるのですが、
それならそれで元からcomドメインに統一してもらいたいものです。


canonicalタグを変更することはできるのか?


それなら、「jpドメインになるようにcanonicalタグを変更すれば良いじゃないか!」と考えてテンプレートを見てみました。

Bloggerの管理画面から テンプレート > HTMLの編集 で確認できます。

すると、headタグ内に以下の記述があります。

   

ここにcanonicalタグも含め、Bloggerのベースとなるいろいろなタグをインクルードしています。canonicalタグについてはベタでは記載されていません。

ということは、canonicalの設定内容がテンプレートからは見えない」ということですorz
つまり、「書き換えることができない」ことが分かりました。

うむむ、、、Googleさんもいじられないようにきちっと対策していますね。

このタグはBloggerのベースとなるタグなので、消したときの影響の方が怖いので触らないようにしておきます。


ということで、やっぱり
大人しく独自ドメインにしておいた方がいいです。

Bloggerも無料ブログなので、ある程度の制約は仕方が無いのかもしれませんね。