アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【Blogger】上書きしてしまった!過去記事消去の予防法



こんにちは、Bloggerブロガーのアロイ(@setsuyakutousan)です。

先日、Bloggerで記事を更新中に誤って「過去の記事を新規記事で上書き編集してしまい、過去記事が消えてしまった」という事件が発生してしまいました。

過去の記事をコピペして新しい記事を書く、という横着者なフローでミスをしてしまったようです。

なんとか過去記事の復元はできましたが、注意点と予防法を調べてみました。


▽スポンサードリンク



Bloggerで記事を編集する時の注意点


Bloggerでは、投稿画面で編集をしていると、常時上書き保存されます。画面右上に以下のようなボタン「公開」と「保存」がありますが、押さなくても上書き保存されます。
つまり、仮に過去記事の上から新規記事を編集・・・なんてやってしまうと、一瞬で上書き保存され、過去のデータは消えてしまう、ということなんですね。

ちなみにBloggerでは消えた記事の復元はできません

上書きしてしまった!そんな時の復元手段


先ほどの記事で「消えた記事の復元はできない」と書きましたが、1点だけ復元する方法があります

それは、Googleのキャッシュです。

どういうことかというと、Googleクローラー検索エンジンに登録するための巡回ロボット)がブログを訪れた際に、検索エンジンに登録するためにブログのHTMLを読み込んでいます。

もし 記事を上書きしてしまったと気づいたときに、まだGoogle側で読み込んでいるHTMLが更新されていなかったら、キャッシュからHTMLを取得することができるんです。

Googleの検索結果URLの右側に「▼」のマークがあります。


このマークを押すと、「キャッシュ」という項目が出てきます。この「キャッシュ」を押すと、Googleが巡回した時点のページとHTMLが取得できます。

どうしても必要なページが消えてしまった場合は、非常手段としてこの方法を試してみてください。
※保証はできませんので、復元できたら「ラッキー」ぐらいに考えておいた方がいいでしょう。


過去記事を消さないための予防法


まずは、「新規記事を書く際に過去記事の編集画面を同時に開かないこと!」これに尽きます。

ただし、万が一にも消えてしまうこと可能性は否定できません。それを防ぐには、「記事のバックアップ」を取っておくことがオススメです。

記事のバックアップ取得には、2通りの方法があります。

  • 記事執筆時にテキストやEvernoteなどにバックアップを取る。
  • Blogger標準機能でバックアップを取る。

記事執筆時にテキストやEvernoteなどにバックアップを取る


アナログな方法ですが、個人のやり方に応じて履歴管理など自由にバックアップ管理ができます。私も執筆後は記事のHTMLをEvernoteに保存しておくようにしました。

Blogger標準機能でバックアップを取る


Bloggerの設定>その他>インポートとバックアップ から全記事バックアップの取得が可能です。XMLファイルで出力されますが、記事部分はHTMLそのままなので、Bloggerの投稿画面にそのまま貼り付けて使用可能です。

まとめてバックアップを取りたい場合はオススメです。