アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

【騒音】壁が薄く隣の部屋の音が聞こえる時の対策まとめ

 


こんにちは。アロイ(@setsuyakutousan)です。

私は学生時代にアパートに住んでいましたが、隣の部屋との壁が薄く、騒音に悩んでいました。生活音やテレビの音、話し声などが聞こえてくる環境で、壁に耳を当てればおそらく話の内容も分かったでしょう。

自分の空間である自分の部屋で隣人の音が容赦なく聞こえてくる。めっちゃストレスでした。

そんな中、いくつか対策をしてストレス生活に効果があったものをご紹介します。

▽スポンサードリンク


 



1.気にならないようにする対策

 

ヘッドホンを常につけて生活する


私は日中部屋の中でも常にヘッドホンをつけて音楽を聞いて生活していました。ある程度の生活音はこれでシャットアウトできますよ。

なお、使うヘッドフォンですが、家にいるとあちこち歩き回ります。トイレに行ったり家事をしやすいよう、コードレスタイプのヘッドフォンを使うのがオススメです!

コードが付いているタイプだと、どうしても動き回っていると邪魔になります。コードレスタイプだと、着替えたりお風呂に入ったりしなければつけっぱなしで生活できます。



耳栓をつけて生活する


少し生活音が大きい場合に。耳栓はドラッグストアなどで入手できます。

耳栓を入れると、大きな音・響く音以外はほとんど聞こえなくなります。一人で家にいるだけでしたら、耳栓をしていてもあまり不都合もないでしょう。

私はかなり隣人の生活音を気にする人間だったので、耳栓をし、その上からヘッドフォンをして音楽を流していました。音楽もあまり聞こえないのですが。(笑)

耳栓+ヘッドフォンのダブル効果で日中は快適に過ごせるようになってきました。

夜も耳栓をして寝ると、生活音を気にすることなく寝ることができます。

私の場合は、耳栓をするまでは生活音が気になるあまり寝付けなかったのですが、耳栓をしてからは安心して熟睡できるようになりましたよ。

2.それでも気になる場合の対策

 

日中は外に出る


隣人が家で友人と騒いでいる間など、耳栓程度ではどうにもならないこともあります。

そんなときは外に出るのも騒音から逃れる手です。


大家・管理人に相談する


それでも気になる場合は、隣人が常識を逸脱した騒音を出していないかチェックしてみましょう。

・友人と夜遅くまで騒いでいる
・大音量でテレビを流している
・・・など。

そんなときは、大家さんや管理人に「隣人の騒音」について相談してみてください。

私の場合、たまに朝の2時~5時まで部屋で騒ぐ隣人がおり、その時は耳栓程度では全く効果が無かったので、アパートの大家さんに相談し、大家さんから隣人に注意してもらえるようにお願いしました。

その結果、次の日からピタリと騒音が聞こえなくなりました。

隣人に直接言うとトラブルになることもあるので、一度大家さんや管理人に相談して仲介してもらうのも有効な手です。

引っ越す


それでも騒音がなくならない、ストレスが減らない場合は、心身の健康のためにも引っ越した方がよいかもしれません。

引っ越す場合、
・防音構造がしっかりしているか?
・生活空間(居間同士)が接していないか?

といったポイントで生活音が聞こえにくい、快適に生活できる物件を探してみてください。