アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【音楽】楽器・クラシック普及には子ども向けの演奏会が必要



こんにちは。学生時代チェロ弾きだったアロイ(@setsuyakutousan)です。

5歳の娘がピアノを習いたいというので、2016年の2月から習わせることにしました。幸いなことに、娘は楽しくピアノ教室に通っており、日々練習を頑張っています。

親としては、こどもが熱中できるものが見つかってうれしい限りです。

せっかくなので上手な人の演奏を聴いて刺激を受けてもらおう、、、としたところ、Youtubeなどのネット動画や音源は手に入るものの、生の演奏を聴ける機会がないことが分かりました

▽スポンサードリンク



生の演奏を聴ける機会がない


正確には、「子どもが興味を持って」生の演奏を聴ける機会がありません

我が家の場合、親の私たちが演奏できないので、聴かせる、となると演奏会になります。

ただ、オーケストラの演奏会は2時間前後あり、プログラムはコテコテのクラシック曲だけです。私自身はクラシックが好きなので、聴き入って楽しむことができますが、幼児の子どもには無理です

ピアノやオーケストラの演奏会を探すと刺激を受けるどころか、場合によっては楽器を嫌いにさせてしまう恐れがあります。とても子どもを連れてはいけません。

たまに「親子で楽しむ」ようなライトなプログラムがあることもあり、そういった演奏会は本当にうれしいです。でも地方では1年に1~2回あるか無いか、レベルです。

本格的なクラシックの演奏会は足をのばせば毎週のように開催されているのですが。。

将来的にはクラシックも興味を持って聴いてくれたらうれしいな、とは思います。ただ、子どもにとってまずは「楽しく聴ける」ということが第一条件。そこからの派生でいずれクラシックにたどり着いてくれればいいです。

でも、「楽しく聴ける」場がありません。

プロの演奏家でも音楽教室で後進の指導に当たっている方は多くいらっしゃいますが、一番原石の「子ども」が楽しめる演奏会が少ないのはなぜなのでしょうか。

聴く人が求める演奏会を


ところで、ものを売るときにはどういうものを売るのでしょうか。

少し漠然とした質問でしたが、私は「売れるものを売る」が単純な答えだと考えています。当たり前ですが、「売れないもの」は売らないですよね。

プロ・アマ問わずコンサートではどうでしょうか。聴く人が「聴きたい曲」が曲目に入っているでしょうか。私の場合は「子どもの聴きたい曲が演奏されるコンサート」は周りでほとんど開催されません。

アンパンマンドラえもん、童謡やアナ雪など。子どもが聞けば心躍るような曲でぜひ生の演奏を聴かせてあげたい。そしてもっともっと楽器やいずれクラシックに興味を持ってくれたらうれしいと思っています。

子ども向けのライトな演奏会、きっと需要はあると思います。演奏家の方々は後進の育成に努めるのであれば、こういった刺激が受けられる演奏会も積極的に行っていただけると原石(子ども)が輝きますよ。