アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【男性】トイレで隣や後ろに人がいると用が足せない!対策は?

<2017/11/25更新>


こんにちは。30分に1回はトイレに行くアロイ(@setsuyakutousan)です。

私は頻尿のわりに困った悩みを抱えていました。それは、人が回りにいると尿が出なくなる。というものです。

隣や後ろに立たれると、尿意はあるものの、緊張と焦りから全く出なくなってしまいます。

仕方なく尿が出ないまま立ち去って別のトイレに行ったり、15分ほど我慢してまたトイレに行ったり、、と、トイレをさ迷っている状態でした。

こんな症状あるのかな?と調べてみたところ、似たような症状で困っている方がたくさんいました!

▽スポンサードリンク


 



用が足せない原因は?排尿恐怖症の疑いも

周りに人がいて排尿が困難になるケースは男性に多いと言われています。男性の場合男子トイレで人と同じ空間で近くにいるものですから、余計にそうですよね。

この症状、「排尿恐怖症」と呼ばれ、身体的には全く異常が無くても精神的な不安から体に力が入り、排尿が困難な状況になる、というものです。

確かに、私も周りに人がいると変に意識をしてしまいます。

力を入れているつもりじゃないのに、力が入ってしまう。人がいる間は全く出なくて、いなくなると体の力が抜けてようやく排尿できるようになる。

つまり、精神的な問題なんですよね。

人によっては、トイレに行きたくても、人がいたら排尿できないので、人がいないタイミングを見計らって、、と、自分のタイミングでトイレに行くことができないという非常に過ごしにくい状況になってしまう可能性があります。

排尿できるようにする対策は?

 

1.個室トイレに入る


一番簡単で、効果が現れる可能性が高い方法です。

個室トイレなら自分の空間ですし、落ち着いて用を足すことができます。

大でもないのに個室トイレに入ることにためらいがあるかもしれませんが、大ほど長時間いるわけでもありません。気にせず利用してしまいましょう。

2.別のことを考える


「尿出ろ!」と排尿に意識を集中するのではなく、「今日のご飯何にしようかな?」「今度は何して遊ぼうかな?」と全く別のことを考えて力が抜けるようにする方法です。

人によっては全く効果が無いかもしれませんが、小便器で用を足す必要がある場合は多少心が軽くなると思いますので、実践してみてください。
 

3.長時間居座るつもりで開き直る


「早く出ろ!」と焦るのではなく、「いつか出ればいいや!」と開き直って、排尿できるまで続ける方法です。周りに人が来ても全く気にしないことがコツです。自分のトイレが長いからと言って、そこまで周りは気にしていません。

長時間いる前提なので、焦りの不安が解消されて、思いのほか早く排尿できる可能性もあります。

 

4.健康食品で利尿をサポートする

精神的な面だけでなく、身体の機能面から利尿をサポートすることもオススメです。

例えば、コーヒーを摂取すると、コーヒーに含まれるカフェインが高い利尿効果を発揮して尿がよく出るようになりますよね。

ただ、カフェインの場合は利尿作用が急激に働くので、逆に頻尿につながる可能性があります。そうなると困りもの。

そのため、穏やかに利尿をサポートしてくれる健康食品を選択した方がよいでしょう。

そこでオススメなのが、健康茶である【「肝腎かなめ」のケブラペドラ茶】

ケブラペドラ茶はブラジル庶民に最も信頼され親しまれていて、「行っても出ない」という悩みをスッキリサポートする健康茶です。

添加物が一切無い天然100%の健康茶なので、普段のお茶代わりにしてもよいでしょう。

【「肝腎かなめ」のケブラペドラ茶】

5.心療内科を受診する

1~4でどうしても解決しない場合、将来的に頻尿や尿漏れなどの状況につながっていく可能性があるかもしれません。あまりに我慢する状況が続いて辛い場合は心療内科の受診も検討してみましょう。