アロイログ

節約、家庭菜園、教育、投資、転職などの雑記メディア

【時短】アイデアのメモはEvernote+音声入力がオススメ!


こんにちは。お小遣い月500円ブロガーのアロイ(@setsuyakutousan)です。

私はとっても忘れっぽい人間です。「あとでやろう」と思っても9割は忘れています

ブログのネタについても日々思いつくものの、なかなかメモをする暇がありませんでした。家事中、育児中にスマホに意識を集中させられる時間は限られています

そこで、Evernoteと音声入力を活用すると、スマホを立ち上げて約10秒でメモができるようになりましたので、その方法をご紹介します。


▽スポンサードリンク



Evernote+音声入力でアイデアをインプットする方法


1.アイデアは全てEvernoteに放り込む


イデアが閃くと、すかさずスマホEvernoteアプリに登録します

Evernoteクラウド上でデータ管理されているので、スマホで登録してもブログを書く前にネタのチェックがPC上でできます。



Androidの場合、ホーム画面上にEvernoteアプリのウィジェットを登録することができ、
ウィジェットをタップするだけで、すぐにノートの登録画面を立ち上げることができます

時短のためにも、ウィジェットをホーム画面に登録しておくのはオススメですよー。




2.音声入力を使って一瞬でアイデア入力終了


入力画面を立ち上げたあとは、音声入力でメモを入力します。私の場合はXperia標準のIME(キーボードソフト)ですが、音声入力のボタンがIMEの左上にあるので、タップします。
※お使いのIMEにより、音声入力の場所は異なります。


タップすると、音声入力の画面がでてきますので、メモの内容をしゃべります。今回ブログネタを思いついたという仮定で、「アイデアのインプット」としゃべりました。


すると、「アイデアのインプット」と出てきました。あとは保存ボタンをタップして終了です。


慣れると10秒もかからないです。これで忙しい合間にもメモができるようになりました。


まとめ


音声入力にこだわるのは理由があります。キーボード入力すると、どんなに早く入力しても、画面に意識を集中せざるを得なくなります

私は常に目が離せない子ども(1歳)がいることもあり、少しでもスマホに意識を集中する時間を削減して子どもに意識を集中したかったので、音声入力の方法を選びました。

これだと、しゃべったあとは音声認識が終わるまで、画面から目を離せますからね。時短のために、入力するのは題名だけです。内容は入力せずに終了しています。何の話だったかが思い出せればOKなので。