アロイログ

アラサーSEの雑記ブログです。家庭菜園、子育て、ブログ運営などなど、ジャンルにはこだわらず執筆しています。

「イケメンは日本の宝」らしいので、理由を考察してみた


こんにちは。イケメンのアロイ(@setsuyakutousan)です。

先日妻の話を適当に聞いていたら、こんなことがあった。


妻「イケメンは日本の宝よ!」

ほうほう。イケメンは日本の宝らしい。

なぜイケメンが日本の宝なのか、現実的な目線で考察をしてみたい。

 

▽スポンサードリンク


 



イケメンとは?



まずはイケメンの定義について調べてみますと

イケメンは、日本語で美男子を指す俗語である。「いけ面」とも表記される。一般的には、女性から見て容貌の魅力的な男性を指す。二枚目。「イケてる」+「面」または英語「men」の意味。
Wikipediaより引用


つまり、イケメンとは、美男子で「イケてる」「面=顔」の持ち主のことだそうです。今風にカッコいい、という感じですね。

顔がよくて、オシャレですらっとしている男性。

なるほどなるほど。分かりました。

やはりイケメンは女性にとって良いものらしいですね。

で、なぜイケメンは日本の宝なのでしょうか。

なぜイケメンは日本の宝なのか?


イケメンの価値について調べていたところ、興味深いデータを発見しました。



半数の女性はモチベーションがUPする


記事のデータによると、回答女性のうち、8割はイケメンが職場に必要、と思っていました。また、イケメンが会社にいることで、実に5割が自身のモチベーションUPにつながりそう、と回答しています。

 

おー!ということは、女性の半数はイケメンがいることでモチベーションがUPする・・・と言えるのか。イケメンは良い刺激になるみたいですね。

# ちなみに私は男ですが、美女が近くにいると生産性が大幅に下がります。緊張してしまうので。これは男と女の違いなんですかね。

ここで、「モチベーション」を「生産性」に置き換えてみます。

するとどうでしょう。「イケメンがいることで、生産性がUPする」ということになります。これは素晴らしいですね。そうすると経済効果はあるんでしょうか。

経済効果で考えてみると


仮に男性の全てがイケメン、さらにイケメンがいることで女性半数の生産性が5パーセント上がると過程してみます。

女性の半分が生産性UPしますので、単純計算で労働人口の25パーセントの生産性が5パーセントUPすることになりますね。

計算すると、現在の日本の一人当たりGDPが約400万円ぐらいなので、

4,000,000×(0.75+0.25×1.05)=4,050,000円 ということで、約1%のGDP向上が実現できることになります。
注:仮定に仮定の上塗りです。

さらに、男性が全てイケメン、とすると、肌の手入れオシャレ服など、消費の拡大も見込まれます。

女性のスキンケア・化粧品市場は大きいです。これが男性分もそのまま乗っかってくるとすると。。

これは景気回復に超有効なのではないでしょうか。。

安倍総理、イケメンキャンペーンやりましょう!(笑)

結論


イケメンは日本の宝でした。妻が言ったことは本当でした。